卵形マラリア原虫

出典: meddic

Plasmodium ovale

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

卵形マラリア原虫 蚊に刺されて人の体に入った虫は肝臓からやがて赤血球に寄生し増殖する。発熱が48時間ごとに反復される。発生頻度は低い。 検査材料:血液 検 査 法:血液塗沫標本をギムザ液等で染色し、顕微鏡観察する。
病原体は熱帯熱マラリア原虫,三日熱マラリア原虫,卵形マラリア原虫 および四日熱マラリア原虫の4種類がある。発熱をおもな徴候とする病気であり,各原虫により特徴的な発熱発作がある。… ※「 マラリア原虫」について言及している ...

関連画像

今回はマラリアについて見 卵形マラリア原虫赤血球の中に2つマラリア原虫 このようにキレイにリング状に 卵形マラリア原虫左上:四日熱マラリア原虫


★リンクテーブル★
リンク元Plasmodium ovale
関連記事マラリア」「」「卵形マラリア」「マラリア原虫」「

Plasmodium ovale」

  [★]

Plasmodium ovale
卵形マラリア原虫
卵形マラリアマラリア



マラリア」

  [★]

malaria
原虫三日熱マラリア四日熱マラリア卵形マラリア、熱帯マラリア

概念

疫学

  • 患者数:日本76人、世界3-5億人 (H22)
  • 三日熱マラリアはアジア、熱帯マラリアはアフリカで多い
  • 日本での発生はなく、全て輸入感染例
参考1
西暦 平成 マラリア 合計
三日熱 四日熱 卵形 熱帯熱 不明
1999 11 52 0 3 43 14 112
2000 12 57 2 6 64 25 154
2001 13 39 1 4 54 11 109
2002 14 35 2 3 38 5 83
2003 15 40 2 6 30 0 78
2004 16 34 1 7 32 1 75
2005 17 25 2 2 38 0 67
2006 18 21 2 4 31 4 62
2007 19 25 0 2 23 2 52
2008 20 18 1 1 35 1 56
2009 21 14 0 1 37 4 56

感染経路

マラリア原虫とマラリア

感染症 熱帯熱マラリア 三日熱マラリア 卵形マラリア 四日熱マラリア
falciparum malaria tertian malaria ovale malaria quartan malaria
マラリア原虫 Plasmodium falciparum Plasmodium vivax Plasmodium ovale Plasmodium malariae
潜伏期(日) 5-10 9-14 16-18 30-40
発熱周期(時間) 不定 48 48 72
感染赤血球 全て 幼若 幼若・全て 老化
赤血球表面 マウレル斑点 シュフナー斑点 シュフナー斑点  
赤血球変化 無変化 膨大 卵形 無変化
肝休眠体
(hypnozoite)
再発
(recurrence)
   
再燃
(recrudesoence)
不完全治療
血中残存虫体
   
特徴 Usually only ring formsa; banana-shaped gametocytes
輪状体:2-3個の虫体をみる
Irregularly shaped large rings and trophozoites; enlarged erythrocytes Infected erythrocytes, enlarged and oval with tufted ends Band or rectangular forms of trophozoites common

参考

  • 1. 年別報告数一覧(その1:全数把握) 一類~五類感染症、新型インフルエンザ等感染症および指定感染症(全数) - 国立感染症研究所
[display]http://idsc.nih.go.jp/idwr/ydata/report-Ja.html

国試




形」

  [★]

formshapefigureappearance
外見形式形成形態出現品種編成見かけ形をとるフォーム外観成立様子形づくる


卵形マラリア」

  [★]

ovale malaria
benign tertian malaria卵形三日熱マラリア ovale tertian malaria
マラリア卵形マラリア原虫



マラリア原虫」

  [★]

malarial parasite
プラスモディウム属 Plasmodium



虫」

  [★]

wormbug
寄生虫バグ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3