危険因子

出典: meddic

risk factor
リスク因子リスク要因リスクファクター
相対危険



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 若年性脳血管障害の危険因子 (特集 妊産婦と脳血管疾患)
  • 経験と考察 症候性術後脊椎硬膜外血腫の危険因子の検討 : 表皮接着剤使用の前処置としての密な創縫合がリスクを増大する可能性がある
  • 仲田 紀彦,穂積 高弘,山川 聖史 [他]
  • 整形外科 = Orthopedic surgery 65(5), 407-410, 2014-05
  • NAID 40020070765
  • 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻と内臓脂肪の関連性の検討
  • 室谷 隆裕,工藤 大輔,袴田 健一
  • 弘前医学 65(1), 27-34, 2014-04-15
  • … おいて施行されたPD 症例153例を対象とし,内臓脂肪量と膵液瘻の関係を検討した.【結果】単変量解析では年齢,男性,残膵性状(soft pancreas),細膵管径,上腹部内臓脂肪量において有意差を認め,多変量解析によりsoft pancreas( p=0.001)および上腹部内臓脂肪量(p=0.007)が独立危険因子となった.【結語】上腹部内臓脂肪はPD 術後膵液瘻の危険因子であり,その計測は膵液瘻の予測に有用である. …
  • NAID 120005429839

関連リンク

栄養・生化学辞典 危険因子の用語解説 - 特定の疾患が発生する確率を上昇させる因子. ... 危険因子の関連情報 ニュース検索 安倍首相も絶賛の大人気パニック・サバイバル・ドラマ 『ウォーキング・デッド』シーズン4 いよいよ放送!
脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血など)の症状、治療、予防や後遺症にお悩みの方へ情報を提供しております。脳卒中の危険因子についてご説明です。

関連画像

危険因子 リスクファクター(危険因子 疾患について > 冠動脈危険因子危険因子の合併数と冠動脈疾患 冠危険因子と動脈硬化の進行の 危険因子の数と心臓病の発生


★リンクテーブル★
国試過去問104B050」「104I001」「104E004」「104I035」「104D014」「105C011」「104H018」「105D018
リンク元リスク因子」「risk factor」「リスクファクター
拡張検索冠危険因子
関連記事危険」「」「因子

104B050」

  [★]

  • 次の文を読み、50-52の問いに答えよ。
  • 34歳の1回経産婦。妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した。
  • 現病歴:   半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し、妊娠7週と診断された。診療所で健診を受けていたが、妊娠10週時に胎児頭殿長 CRLから分娩予定日が補正された。補正後の妊娠16週ころから尿糖陽性が時々認められていたが、27週時から尿糖強陽性(定性試験で3+)が出現したため29週時に75g経口ブドウ糖負荷試験 OGTTが施行された。負荷前値: 110mg/dl、1時間値: 204mg/dl、2時間値 168mg/dlであった。
  • 既往歴:   特記すべきことはない。耐糖能低下を指摘されたことはない。
  • 月経歴:   初経11歳。月経周期28日、整。持続5-6日。月経障害なし。
  • 妊娠・分娩歴:  25歳時に正常経腟分娩(妊娠39週、3,790g)。
  • 家族歴:   母が糖尿病。
  • 現 症:   意識は清明。身長156cm、体重76kg(妊娠前体重62.5kg、BMI 25.7)。体温37℃。脈拍88/分、整。血圧136/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿浮腫を認めない。内診で胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖。超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g(+1.8SD)、明らかな奇形は認めない。Biophysical profile scoreは10点である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液所見:赤血球 305万、Hb 10.2 g/dl、Ht 31%、白血球 6,900、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 148mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 7.8mg/dl、総コレステロール 240mg/dl、トリグリセリド 130mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、直接ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 40IU/l、ALT 48IU/l、LD 320IU/l(基準176-353)、ALP 270IU/l(基準115-359)。
  • この患者で正しいのはどれか。
  • a 妊娠高血圧である。
  • b 糖尿病合併妊娠である。
  • c 肥満は本病態の危険因子となる。
  • d 年齢は本病態の危険因子とならない。
  • e 家族歴は本病態の危険因子とならない。
[正答]


※国試ナビ4※ 104B049]←[国試_104]→[104B051

104I001」

  [★]

  • たばこの害について正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104H038]←[国試_104]→[104I002

104E004」

  [★]

  • 危険因子の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E003]←[国試_104]→[104E005

104I035」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104I034]←[国試_104]→[104I036

104D014」

  [★]

  • a 感冒罹患に続発する。
  • b 早期から抗菌薬を投与する。
  • c 5歳以上の小児では難治化しやすい。
  • d 最も多い起炎菌は黄色ブドウ球菌である。
  • e 保育所などでの集団生活は危険因子である。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D013]←[国試_104]→[104D015

105C011」

  [★]

  • 疾患と危険因子の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C010]←[国試_105]→[105C012

104H018」

  [★]

  • 疾患と危険因子の組み合わせで正しいのはどれか
[正答]


※国試ナビ4※ 104H017]←[国試_104]→[104H019

105D018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105D017]←[国試_105]→[105D019

リスク因子」

  [★]

risk factor
危険因子リスクファクター


risk factor」

  [★]

リスクファクター」

  [★]

risk factor
危険因子リスク因子


冠危険因子」

  [★]

coronary risk factor
  • 冠動脈疾患の危険因子(リスクファクター)


危険」

  [★]

riskhazarddangerjeopardyhazardousdangerousriskyunsafehazardously
ハザード有害危ないリスク相対危険度危険性


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3