単分子膜

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 自己組織化単分子膜の配向性評価 (有機エレクトロニクス)
  • 村上 拓也,前田 篤志
  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(304), 27-31, 2012-11-19
  • NAID 40019523365
  • 自己組織化単分子膜を用いた銅とはんだのフラックスレス接合の研究 (高密度実装を牽引する材料技術とヘテロインテグレーション論文特集)
  • 池田 晃裕,仲原 清顕,仇 立靖 [他]
  • 電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス 95(11), 304-311, 2012-11
  • NAID 40019483330
  • 有機単分子膜を利用した防錆皮膜技術の開発

関連リンク

4.単分子膜 単分子膜ー液体の表面に二次元的に分子が一層並んだ状態 ステアリン酸、水にはほとんど溶解しない。ベンゼンに溶解すると水面上を拡がり、ベンゼンが蒸発すると ステアリン酸の薄い層が形成される →カルボキシル基 ...
私たちの研究のキーワードは、「界面」「有機単分子膜」「自己組織化」です。両親媒性分子によって界面に形成される単分子膜を研究対象の中心に据え、膜の物性や構造に関する基礎研究から、機能性単分子膜の開発、自己組織化 ...

関連画像

脂質単分子膜の作製方法  単 分子 膜 に 相 変化 が 生じブロックコポリマー単分子膜 の単分子膜はガラス表面で分子 自己組織化単分子膜作製用試薬 図6 ステアリン酸単分子膜1層の


★リンクテーブル★
リンク元monolayer」「単層」「単分子層」「monomolecular film
関連記事分子」「」「単分子

monolayer」

  [★]

monomolecular filmunilamellar


単層」

  [★]

monolayerunilamellar
単分子膜


単分子層」

  [★]

monolayer
単分子膜


monomolecular film」

  [★]

  • 単分子膜
monolayer


分子」

  [★]

  • n.
分子的、モル


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


単分子」

  [★]

monomolecularunimolecular
一分子




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1