半合成ペニシリン

出典: meddic


-合成ペニシリン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/18 20:08:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • MRSAの耐性機構から見た対策
  • 横田 健
  • 順天堂医学 34(3), 334-342, 1988
  • … MRSAは1950年代後半, 医療上の問題であった多剤耐性黄色ブドウ球菌に, その問題を10年以上に亘って解決した狭域半合成ペニシリンとセフェム系抗生物質に対する耐性が加わった, 新しい型の多剤耐性株である. …
  • NAID 130004716173
  • [汎用抗菌薬II] Ticarcillin
  • 上田 泰
  • The Japanese Journal of Antibiotics 41(7), 761-781, 1988
  • … Ticarcillin (TIPC) は1964年英国ビーチャム社研究所で開発された注射用半合成ペニシリン剤で, 化学構造の上でCarbenicillia (CBPC) の6位置換部分のPhenyl基を3-Thienyl基に置換することにより緑膿菌に対する抗菌作用をより優れたものにした化合物である(Fig. 1)1)。 …
  • NAID 130004394831
  • 臨床分離メチシリン耐性ブドウ球菌のCefuzoname感受性
  • 新井 俊彦
  • The Japanese Journal of Antibiotics 39(5), 1237-1240, 1986
  • … そこで, これらの耐性菌に対処するために, ペニシリナーゼ (PCase) によつて不活化され難いメチシリン (DMPPC) を始めとする半合成ペニシリンが導入された。 …
  • NAID 130004394501

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 半合成ペニシリンの用語解説 - しかし現在では,耐性機構も詳しく研究され,耐性菌にも有効な薬剤,あるいはもともと抗生物質が効きにくい緑膿菌や変形菌にも作用する薬剤が開発されている。ペニシリンや ...
ペニシリンは、狭義にはフレミングが見つけたアオカビ培養液から精製したもの(天然ペニシリン)と、培地に原料を人為的に添加してアオカビに合成させた後に精製したもの(生合成ペニシリン)を指し、これらには ...
... できる製剤にしたり、耐性菌に対する有効性を増すという工夫がなされ、こうした製剤を半合成ペニシリンと呼んでいる。また半合成ペニシリン製剤では、天然ペニシリンと比較して有効な菌種の範囲(抗菌スペクトルと呼ぶ)も ...

関連画像

BIGLOBE百科事典に関するご利用 D08534 Drugアンピシリン注射液NZ 20gぺプチダーゼ以上にペニシリン β-ラクタム系抗生物質临床上半合成青霉素衍生物钠


★リンクテーブル★
関連記事リン」「合成」「ペニシリン」「半合成

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





合成」

  [★]

synthesissynthesesconstructionelaborationsynthesizesynthetic
建設構成合成的作成生成同化同化作用総合的



ペニシリン」

  [★]

penicillin PC
抗菌薬



半合成」

  [★]

semisynthesissemisynthetic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡