千葉西総合病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 千葉西総合病院

url

理念

  • 千葉西総合病院の理念1.生命を安心して預けられる病院2.健康と生活を守る病院

住所

  • 270-2251 松戸市金ヶ作107-1

診療の特徴、実績

  • 特徴当院は、厚生労働省の定める卒後臨床研修に係る指導医が12名その他指導に当たる上級医も各科において多数在籍する非常に充実した診療・指導体制を備えた408床の急性期病院です。千葉県の北西部に位置し、半径10Kmの診療圏に160万人もの人々が暮らす首都圏のベットタウンでもあります。そのため、来院される患者さんの症状も様々で、日本でトップクラスの症例数を誇る循環器科を筆頭に、1日の平均来院患者数は1,080人、新入院患者数は年間12,000人にも上り、あらゆる疾患に対応するべく看護部やコメディカルともしっかりとした連携体制を構築しています。最新医療機器の導入にも積極的に取り組んでおり、平成20年11月にはフィリップス社製256列マルチスライスCTをアジア地域で先駆けて導入し、患者さんの肉体的・精神的負担に尽力しています。また平成23年度を目標に新棟を建設し、現在の408床から608床へ大きく増床を行い、各種診療センターを備えた関東最大級の超急性期多機能病院として生まれ変わります。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 35.0人

一日平均外来患者数

  • 1,099.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 11.2日/0.0日

年間分娩件数

  • 792件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 8件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/8回

当院の救急医療の特徴

  • 救急研修においては当グループ共通の理念である「生命だけは平等だ。」、「救急車を断らない。」の下、1次-3次、広範な疾患の急病者が24時間365日搬送され、幅広い知識と経験を身につけることが可能だ。救急科ローテート中、または夜間当直の研修医がfirst contactを担当するため、患者背景のまったく不明な状態から問診、診察を行い、各種検査を構成していき、上級医または専門医にコンサルトする事によって診断に至り、さらに初期治療を外来にて開始する。特に手技においてはほぼ全例を指導医の監督の下1年次研修医が施行できる事もあり1年間だけでも相当の技術が身につくことが期待される。当直は3-5日に1回と他施設に比較しハードな面もあるが、実働時間のアドバンテージは君を飛躍へと導くことだろう。研修に多くを求める君を我々は歓迎する。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急診療部

一日平均救急外来患者数

  • 20.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 19.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 29人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 6回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 8人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 良い研修病院とは、どういう病院なのだろう?仕事が楽な病院がいいのか?肉体の限界に挑戦するようなハードな病院の方がベターなのか?都会の病院がいいのか?はたまた田舎の方がよいのか?私自身の12年間に及ぶ米国での経験と、現在の日本の医療環境からみて、次の3つの条件が研修病院の必須条件と考える。(1) 症例の数、質とも十分で、かつ指導医が充実していること。この指導医も、ただ多いとういのではなく、たとえ数がさほど多くなくても、指導医の質の高さが要求される。現在、厚生労働省の研修指定病院であれば、この(1)の条件はまず自動的に満たされる。(2) 研修終了時に、自らが希望した際に、スタッフとして病院に残れる可能性のあること。有名研修病院で、研修後にスタッフとして残ることは困難であり、その場合、就職先はまた自分で探さなくてはならない。(3) 病院の経営が安定し、研修医自身の地位、待遇も安定していること。病院が倒産や厳しい経費カットの危機に瀕していたり、多くの大学病院のように、スタッフが生活のために平日外でアルバイトをするようでは、まともな研修システムが確立されるはずがない。「鉄は熱いうちに打て」と言う。医学生が医師になってからの1-2年間で、その人物がどのような医師になるかが決まる。良き臨床医となって、世の中の役に立てるかどうか、自らが満足できる臨床医の技術、態度を身につけられるかどうかは、全て最初の研修内容に左右されることを銘記して頂きたい。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 私がこの千葉西総合病院を研修病院として選んだ理由は、単純に手技実践の機会が多く診療の最前線に自分が参加できる病院で勤務をしたかったからです。この病院は豊富な症例数と経験豊富な指導医の先生方、自分が学びたいと思うことを積極的に取り組める環境が整っています。医局内は合同医局制を取っているため、様々な先生方に気軽に相談できる雰囲気がありますし、同じ研修医同士もお互いの不安や新しく得た知識を共有する様にしています。日々沢山の救急患者が当院を受診されるため手技実践のチャンスが非常に多く、経静脈カテーテルや胸腔ドレナージなどの処置にもどんどん参加することが出来ます。医師として一番大切な初期研修の2年間に密度の濃い実践的な研修を行う事で、自分自身を大きく成長させていくことが出来ると思います。皆さんも高い目標を持って千葉西総合病院で共に頑張りましょう。病院の雰囲気は見学に来れば一番分かりやすいと思いますので、是非私達研修医の仕事を見に来てください。よろしくお願いします。

和文文献

関連リンク

千葉西総合病院は千葉県松戸市の総合病院。心臓病センター・大動脈センターへは全国から患者が来院。各診療科に最新鋭医療機器を配備。
誰もが最善の医療を受けられる社会を目指して|徳洲会グループ ... JR松戸駅より新京成電鉄常盤平駅北口下車徒歩5分 JR馬橋駅より常盤平駅行きバスにて千葉西病院前下車

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡