十二指腸絨毛腺腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • A1-12 十二指腸絨毛腺腫の1例(<特集>第47回日本消化器外科学会総会)
  • 原 一郎,田崎 達也,豊島 明,渡辺 昌則,山口 裕史,伊藤 正秀,馬越 正通
  • 日本消化器外科学会雑誌 29(2), 453, 1996-02-01
  • NAID 110001321998

関連リンク

2010年11月15日 ... 他に極めて稀な腫瘍として、上皮性ではBrunner腺腺腫、非上皮性では線維腫、脂肪腫 、嚢腫、リンパ管腫、神経線維腺腫が報告されている。 本稿では ... 十二指腸腺腫の 組織型は腺管腺腫が半数以上を占め、次いで腺管絨毛腺腫である。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事十二指腸」「腸絨毛」「絨毛腺腫」「」「腺腫

十二指腸」

  [★]

duodenum (Z)
消化器系小腸


解剖

first portion 上部、球部
second portion 下行部
third portion 水平部
fourth portion 上行部

上部

-superior part
KA. 291,311,312
KH. 170

血管

下行部 descending part

KA. 297

血管

水平部

horizontal part
KA. 297
KH. 170

血管

上行部

ascending part
KH. 170

血管

組織

1 2 3 4 5 6
上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織筋層 漿膜/外膜
単層円柱上皮 吸収上皮細胞、杯細胞(ムチンノーゲン分泌)、
内分泌細胞、M細胞
腸腺 吸収上皮細胞、杯細胞、
幹細胞、内分泌細胞、
パネート細胞
内輪層、外縱層 ブルンネル腺
(分枝管状胞状腺、
アルカリ性の粘液、
ウロガストロン産生)
内輪筋層
外縱筋層
漿膜 外膜
(下行部水平部)



腸絨毛」

  [★]

intestinal villi (Z)
絨毛

-十二指腸、小腸の内壁は輪状ヒダにより表面積が大きくなっているが、さらに内壁には腸絨毛と呼ばれるが突き出ており表面積を大きくしている。

  • 腸絨毛は上皮で覆われた、粘膜固有層の指状~葉状の突起である。それぞれの絨毛の芯は疎性結合組織でできており、中に毛細血管のループ、盲端で始まる毛細リンパ管、および若干の平滑筋線維と豊富なリンパ組織を含む。(HIS.337)
intestinal villi


絨毛腺腫」

  [★]

villous adenoma, villous adenomas
腺腫性ポリープ

概念

  • 絨毛状形状を示す腺腫
  • 主に大腸(約70%は直腸)に発生し、広基性のポリープを形成

病因

疫学

遺伝形式

病変形成&病理

症状

診断

検査

治療

予後

予防

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


腺腫」

  [★]

adenoma
アデノーマ
腫瘍癌腫 carcinoma





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡