医療給付

出典: meddic

medical care benefit
保険医療機関及び保険医療養担当規則#第20条
  • 医療給付の対象外:健康診断、人間ドック、正常分娩


和文文献

  • 25年度医療給付実調 市町村国保の一人当たり医療費は32万 : 年齢構成の高さ、精神系の疾患の多さが高医療費に影響
  • 特集 市町村国保の1人当たり医療費は健保組合の2.32倍 : 平成25年度医療給付実態調査報告を公表
  • 健保組合の1人当たり医療費は13万9528円 : 25年度医療給付実態調査

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み保険医療機関及び保険医療養担当規則#第20条
国試過去問101B009」「106G012」「105B001
拡張検索優先医療給付機構
関連記事医療

保険医療機関及び保険医療養担当規則#第20条」

  [★]

療養担当規則

第19条の三

(特定の保険薬局への誘導の禁止)

  •  保険医は、処方せんの交付に関し、患者に対して特定の保険薬局において調剤を受けるべき旨の指示等を行つてはならない。
  • 2 保険医は、処方せんの交付に関し、患者に対して特定の保険薬局において調剤を受けるべき旨の指示等を行うことの対償として、保険薬局から金品その他の財産上の利益を収受してはならない。

第20条

(診療の具体的方針)

  •  医師である保険医の診療の具体的方針は、前十二条の規定によるほか、次に掲げるところによるものとする。
  • 一 診察
  • イ 診察は、特に患者の職業上及び環境上の特性等を顧慮して行う。
  • ロ 診察を行う場合は、患者の服薬状況及び薬剤服用歴を確認しなければならない。ただし、緊急やむを得ない場合については、この限りではない。
  • ハ 健康診断は、療養の給付の対象として行つてはならない
  • ニ 往診は、診療上必要があると認められる場合に行う。
  • ホ 各種の検査は、診療上必要があると認められる場合に行う。
  • ヘ ホによるほか、各種の検査は、研究の目的をもつて行つてはならない。ただし、治験に係る検査については、この限りでない。

(略)

  • 三  処方せんの交付
  • イ 処方せんの使用期間は、交付の日を含めて四日以内とする。ただし、長期の旅行等特殊の事情があると認められる場合は、この限りでない。
  • ロ 前イによるほか、処方せんの交付に関しては、前号に定める投薬の例による。

(略)

法令

  • 保険医療機関及び保険医療養担当規則(昭和三十二年四月三十日厚生省令第十五号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32F03601000015.html


101B009」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 101B008]←[国試_101]→[101B010

106G012」

  [★]

  • 我が国の医療費について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G011]←[国試_106]→[106G013

105B001」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105A060]←[国試_105]→[105B002

優先医療給付機構」

  [★]

Preferred Provider Organization, PPO


医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡