北海道立江差病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 北海道立江差病院

url

理念

  •  地域住民のために、知己住民とともに、健康を守ってゆく病院を目指して○南桧山保健医療福祉圏を守るための地域センター病院として、地域医療・福祉に貢献します。○全ての住民の権利と尊厳を第一に、信頼と満足が得られる良質な医療サービスの提供に努めます。○優しさと思いやりを大切に、病をいたわり悩みを和らげるお手伝いをします。

住所

  • 430022 檜山郡江差町字伏木戸町484

診療の特徴、実績

  • 当院は、地域センター病院として管内の5町全域の二次救急を二四時間態勢で毎日診療している。一般的な当直の他、敷地内住宅を用意し、多くは当直医が診察するが、診療科によっては、難しい場合や、不安が残る場合は担当診療科医を敷地内の住宅から要請する。当院は子のことがよい方に作用し大病院にはみられない横の連携が良好に保たれている。救急の九〇数パーセントは一次・二次救急である。研修医はまず、このレベルの救急を学び習得すること。そこで三次救急に回す判断を身につけることが大切である。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 106.8人

一日平均外来患者数

  • 341.7人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.4日/60.2日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月?21年12月実績)

年間剖検件数

  • 0件(平成21年1月?21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/0回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は、地域センター病院として管内の5町全域の二次救急を二四時間態勢で毎日診療している。一般的な当直の他、敷地内住宅を用意し、多くは当直医が診察するが、診療科によっては、難しい場合や、不安が残る場合は担当診療科医を敷地内の住宅から要請する。当院は子のことがよい方に作用し大病院にはみられない横の連携が良好に保たれている。救急の九〇数パーセントは一次・二次救急である。研修医はまず、このレベルの救急を学び習得すること。そこで三次救急に回す判断を身につけることが大切である。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科・外科・小児科・産婦人科・リハビリテーション科

一日平均救急外来患者数

  • 1.0人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 1.0人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 0人(平成21年1月?平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 2回

当直手当

  • 有り(1年次は0回。2年次は月に2回程度当直は2年次から実施)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 無し

指導医から一言

  • 1 患者に思いやりのあること2 医師としての社会的役割(使命感)を自覚すること3 医学を常に学び、成長する意志と喜びを持ち続けること4 広い教養と視野を持つこと

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 江差にきて早2年がすぎようとしています。江差の町と江差病院について紹介することで、少しでも多くの人が、興味を持っていただければうれしいです。詳しいことは余りよく知りませんが「江差の春は江戸にもない」といわれたほど。昔はニシン漁でにぎわっていたようです。今も、ニシン蕎麦やお祭りなどに名残が残っています。江差追分(民謡)は、日本史の教科書に出てくるくらい有名だと聞きました。私は世界史選択でしたので知りませんでした。結構、由緒正しい町なのだそうです。気候は北海道にしてはかなり暖かい方だそうです。雪もすくないほうで道外出身者もあんしんして生活できると思います。九州と比べると空気がからりとして気持ちいいです。布団がじめじめしないのもいいです。立地は、病院は町から離れていますが日本海に面した小高い丘の上にそびえております。天気のよい日には、奥尻島もみえ病院の窓から患者さんと眺める夕日はなかなかロマンチックです。食事は、だいたい病院の食堂のご飯を食べているのですが、これがなかなかおいしいのです。研修医の間では、特にスープカレーが好まれているようです。後は、港町だけに魚介類が新鮮でおいしいです。奥尻のウニ、お隣熊石町のアワビもおなかいっぱい食べることができました。研修は、約200床の地域の中核病院で、いわゆるプライマリーケアに該当する患者さんがたくさんきます。江差病院の良いところは他科の先生に気軽にコンサルトできることです。図書は病院内の図書室に医学書や臨床雑誌がそろっています。函館まで遠征すれば医学書などを扱う書店もあります。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/04 21:34:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糖尿病および合併症における核医学検査の適応に関するガイドラインの作成
  • 核医学 : 日本核医学会機関誌 : the Japanese journal of nuclear medicine 49(1), 16-20, 2012-02-29
  • NAID 10030233904
  • 経尿道的前立腺切除術後の排尿後尿滴下に関する調査

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡