化膿性肝膿瘍

出典: meddic

pyogenic liver abscess




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 早期胃癌の診断契機となった<i>Streptococcus intermedius</i>による化膿性肝膿瘍の1例
  • 肝膿瘍,最近の事情 (特集 肝臓病診療のアップデート)
  • 重症化した急性虫垂炎が原因と考えられる肝膿瘍の1例

関連リンク

肝膿瘍 1.肝膿瘍とは 肝に膿瘍が形成された(膿が溜まった)感染性の病態をいいます。肝臓外から発生原因となる細菌や原虫などが肝内に進入、増殖した結果と考えられ、その病原体により、細菌性(化膿性)、アメーバ性とに大別 ...
化膿性肝膿瘍(かのうせいかんのうよう) 発熱、右上腹部痛、肝腫大(かんしゅだい)(肝臓の腫(は)れ)が三大症状です。夜間の発汗(はっかん)、倦怠感(けんたいかん)、食欲不振、体重減少、貧血(ひんけつ)がおこる こと ...
研修医の勉強ノートです。 ... 検査 † 炎症所見: 急性化膿性胆管炎に伴うものは、DICにより白血球減少、赤沈遅延となることもある。 胆道系酵素、トランスアミナーゼ、ビリルビン上昇

関連画像

化膿性肝膿瘍 症例4化膿性骨髄炎・肺膿瘍・肝膿瘍 化膿性肝膿瘍 症例2化膿 性 の 細菌 が 侵入 する 化膿性肝膿瘍 症例4化膿性肝膿瘍 症例2


★リンクテーブル★
関連記事膿瘍」「肝膿瘍」「化膿」「化膿性」「膿性

膿瘍」

  [★]

abscess
  • 組織、臓器に起こった化膿性炎(化膿)により好中球などの滲出物が蓄積した状態 (医学大辞典)
  • 腔が形成されており、そこに滲出物がたまる。



肝膿瘍」

  [★]

liver abscess, hepatic abscess
細菌性肝膿瘍、アメーバ性肝膿瘍



化膿」

  [★]

purulence, suppuration
purulenta
化膿性炎 purulent inflammation


化膿性」

  [★]

purulentsuppurativepyogenicpyogenes
化膿膿性


膿性」

  [★]

purulentsuppurative
化膿化膿性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡