動脈圧脈波

出典: meddic

arterial pressure wave
脈圧波 pulse-pressure wave
頭蓋内脈波


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 橈骨動脈圧脈波解析による圧伝達関数の個別化
  • 宮下 洋,河野 知記,星野 史博,島田 和幸
  • 日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology 40(1), 37-41, 2010-02-01
  • NAID 10029429232
  • 大動脈収縮期血圧と橈骨動脈圧脈波指標との関係
  • 宮下 洋,河野 知記,星野 史博,島田 和幸
  • 日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology 39(4), 235-241, 2009-08-01
  • NAID 10026438792

関連リンク

1346-8375/05/¥400/論文/JCLS 脈圧測定の臨床 脈圧測定の臨床 小澤利男 東京都老人医療センター名誉院長 要約 ・血圧脈波からみると、血圧値評価は収縮期血圧と拡張期血圧よりも、平 均血圧と脈圧の併記の方が合理的である。・動脈系 ...
図3 カフに伝播する脈波から計算したカフ圧-脈波振幅曲線 計算によって得たカフ圧-脈波容積曲線に関数 A*arctan(B*X+C)+D をあてはめ,係数 B を血管指標としました。この新たに開発した指数を用いて脈波伝播速度との相関関係を調べた ...

関連画像

中心動脈圧波形。横軸は時間 動脈圧脈拍波形による心拍出量  の膨張、収縮のタイミング 図 は 橈骨 脈 波 と 大動脈 起 脈波解析によりPVR波形を定量化 と 橈骨 動 脈圧 脈 波 計測 を


★リンクテーブル★
関連記事脈圧」「動脈圧」「動脈」「」「脈波

脈圧」

  [★]

pulse pressure, PP
血圧、脈圧低下 脈圧狭小
  • 収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最小血圧)の差。

脈圧の上昇

  • 血管壁の硬直によるウインドケッセル効果?の消失による
  • 動脈管開存症:拡張期血圧低下?
  • 拡張期に血流が肺動脈に流れてしまうため?

脈圧の低下

  • 脈拍増加を来す病態:出血、脱水、ショック
  • 拡張期の短縮 → 心室に血液が充分充満しないうちに駆出されるため
  • 十分な血流を大動脈に駆出できないため




動脈圧」

  [★]

arterial blood pressurearterial pressure, AP
血圧静脈圧動脈静脈



動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈



波」

  [★]

wave
波動


脈波」

  [★]

pulse wave





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1