動眼神経麻痺

出典: meddic

oculomotor nerve paralysis, oculomotor paralysis, oculomotor palsy
paralysis oculomotoria
動眼神経

概念

病因

  • 動脈硬化症
  • 腫瘍:
  • 糖尿病
  • 髄膜炎
  • 外傷



国試

[show details]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 遮蔽治療により改善した小児動眼神経麻痺に伴う弱視の2症例
  • 岡本 洋幸,鈴木 利根,林 麗如,筑田 眞
  • Dokkyo journal of medical sciences 38(3), 219-222, 2011-10-25
  • … 小児の単独動眼神経麻痺は比較的稀である。 … 今回,動眼神経麻痺のために弱視を生じた2症例を経験したので報告する。 … 右動眼神経麻痺および弱視と診断し,左眼遮閉治療を開始し3 ヶ月後には視力1.0に改善し,眼位と眼球運動は正常化した。 … 頭蓋骨骨折による右動眼神経麻痺で平成10年8月4日紹介受診した。 …
  • NAID 110008735861
  • 蝶形骨洞嚢胞による動眼神経麻痺で発症6ヵ月後に手術にて改善のみられた1例
  • 岡本 朋代,児玉 悟,鈴木 正志
  • 耳鼻咽喉科臨床 104(5), 331-334, 2011-05-01
  • We report a case of oculomotor nerve paresis due to sphenoid sinus mucocele. A 81-year-old man developing left-side ptosis and diplopia over the previous 6 months was confirmed in opthalmological exam …
  • NAID 10027972587
  • 一般口演「手術2」 動眼神経麻痺による上斜視に用いた水平筋全幅移動術 (第66回日本弱視斜視学会(2))
  • 石倉 涼子,唐下 千寿,井上 幸次 [他]
  • 眼科臨床紀要 4(2), 165-168, 2011
  • NAID 40018725654

関連リンク

3.1 複視で、麻痺側がどちらかを決定する方法; 3.2 動眼神経麻痺; 3.3 滑車神経麻痺; 3.4 外転神経麻痺; 3.5 全外眼筋麻痺 .... 動眼神経麻痺では、病変部位の診断とともに 腫瘍、動脈瘤などの圧迫なのか、炎症、虚血などの非圧迫性病変なのかを診断する ...
動眼神経麻痺は内頚動脈と後交通動脈の分岐部(IC-PC)にできた動脈瘤に合併する ことが多い。また糖尿病の合併症(微小血管障害 microangiopathy)である末梢神経 障害のひとつとして動眼神経麻痺が起きることもよく見られる。 その所見は(1) 眼瞼下垂 、 ...
2006年9月15日 ... 動眼神経麻痺は眼球運動障害の内でも“核および核下性の麻痺”に含まれるものの一つ です。 ピンクの花集団 ... ですから、脳幹の出血などでは動眼神経全部の麻痺ではなく、 その一部分だけの麻痺が見られることがあるのです。 私的な話で ...

関連画像

動眼神経麻痺で複視が起こる視神経 動眼神経 滑車神経  動眼神経麻痺・・・[ サイト動眼神経麻痺原因|動眼神経 動眼神経麻痺動眼神経麻痺 といって、片方 清澤眼科医院通信


★リンクテーブル★
国試過去問104E065」「104G044」「105E054」「105D060」「100A013」「105E030」「104E025」「105A020」「101F053」「105B024」「098G080」「086A049
リンク元上眼窩裂症候群」「眼筋麻痺」「第III脳神経麻痺」「眼球運動麻痺」「oculomotor paralysis
拡張検索周期性動眼神経麻痺」「糖尿病性動眼神経麻痺
関連記事動眼神経」「眼神経」「神経」「麻痺」「神経麻痺

104E065」

  [★]

  • 次の文を読み、64-66の問いに答えよ。
  • 56歳の女性。全身けいれん意識障害のため搬入された。
  • 現病歴   本日起床後、急に頭痛を訴え嘔吐した。1時間くらい横になっていたが頭痛がとれないために、夫がかかりつけ医往診を依頼した。医師の診察中に突然全身けいれんを起こし意識がなくなったため、救急車を要請した。
  • 既往歴   高血圧不整脈(心臓ペースメーカー留置).
  • 生活歴   喫煙歴はない。飲酒歴はない。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症   意識レベル: 大声で呼びかけると開眼するが、刺激しないとすぐに開眼する。離握手など蘭単な命令には応じるが、言葉は出ない。体温37.5℃。脈拍72/分、整。血圧180/100mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。項部硬直を認める。瞳孔不同(右5mm、左3mm)があり、対光反射は右で鈍い。四肢の運動は良好である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見: 赤血球 409万、Hb 11.4g/dl、Ht 36%、白血球 12,000、血小板 30万。血液生化学所見: 血糖 226mg/dl、HbA1c 5.6%、総蛋白 7.3g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 11mg/dl、クレアチニン 0.5mg/dl、総コレステロール 198mg/dl、トリグリセリド 99mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、AST 18IU/l、ALT 9IU/l、LD 222IU/l(基準176-353)、ALP 183IU/l(基準115-359)、Na 140mEq/l、K 3.5mEq/l、Cl 101 mEq/l。頭部単純CT(別冊No.15)を別に示す。



[正答]


※国試ナビ4※ 104E064]←[国試_104]→[104E066

104G044」

  [★]

  • 45歳の男性。意識障害のため搬入された。職場の同僚によると、昼食中に突然、激しい頭痛を訴えた後、意識が低下したという。搬入時は傾眠状態で呼びかけによって開眼する程度である。既往歴に特記すべきことはない。家族歴は姉に未破裂脳動脈瘤が指摘されている。
  • この患者にみられる可能性がある徴候はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G043]←[国試_104]→[104G045

105E054」

  [★]

  • 63歳の女性。左眼の視力低下を主訴に来院した。2か月前から眼痛があった。視力は右1.0(矯正不能)、左0.2(矯正不能)。眼圧は右16mmHg、左38mmHg。左眼の充血を認める。左眼に隅角新生血管と著明な虹彩ルベオーシスとを認める。
  • 左眼の眼圧上昇の原因となり得るのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E053]←[国試_105]→[105E055

105D060」

  [★]


  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 105D059]←[国試_105]→[105E001

100A013」

  [★]

  • 24歳の男性。1か月前に左眼に野球のボールが当たり、複視が消失しないため来院した。眼球上転時の眼部の写真を以下に示す。考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A012]←[国試_100]→[100A014

105E030」

  [★]

  • 占拠性病変による脳ヘルニアの前額断面模式図を示す。ただし、 ◎は占拠性病変、矢印は圧迫の方向を示す。
  • 病初期に動眼神経麻痺をきたすのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105E029]←[国試_105]→[105E031

104E025」

  [★]

  • 写真(別冊No.2)を別に示す。
  • 障害されている脳神経はどれか。
  • a II
  • b III
  • c IV
  • d V
  • e VI



[正答]


※国試ナビ4※ 104E024]←[国試_104]→[104E026

105A020」

  [★]

  • 動眼神経麻痺でみられる症候はどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A019]←[国試_105]→[105A021

101F053」

  [★]

  • 動眼神経麻痺をきたしやすいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F052]←[国試_101]→[101F054

105B024」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B023]←[国試_105]→[105B025

098G080」

  [★]

  • 瞳孔異常をきたさないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G079]←[国試_098]→[098G081

086A049」

  [★]

  • 正しいの3つ

上眼窩裂症候群」

  [★]

superior orbital fissure syndrome
orbital apex syndrome間欠性有痛性眼筋麻痺 intermittent painful ophthalmoplegiaトロサ・ハント症候群 Tolosa-Hunt症候群 Tolosa-Hunt syndrome
上眼窩裂動眼神経麻痺
[show details]

病因

  • 海綿静脈洞部に形成される非特異的炎症性肉芽腫により近辺の構造物が障害される

上眼窩裂を通過する構造

  • 血管
  • 神経
  • 総腱輪の外
  • 総腱輪の内

症状

治療

  • 副腎皮質コルチコイド



眼筋麻痺」

  [★]

ophthalmoplegia, ocular muscle palsy, paralysis of ocular muscles
外眼筋麻痺動眼神経麻痺眼麻痺



第III脳神経麻痺」

  [★]

third-nerve palsy
動眼神経麻痺眼球運動麻痺動眼神経疾患第三脳神経麻痺第3脳神経麻痺


眼球運動麻痺」

  [★]

oculomotor nerve palsy
眼球運動障害動眼神経麻痺動眼神経疾患第III脳神経麻痺


oculomotor paralysis」

  [★]

  • 動眼神経麻痺
external ophthalmoplegiaoculomotor nerve paralysisophthalmoparesisophthalmoplegia


周期性動眼神経麻痺」

  [★]

cyclic oculomotor paresis
周期性眼筋麻痺


糖尿病性動眼神経麻痺」

  [★]

動眼神経麻痺
  • 眼瞼下垂、複視


動眼神経」

  [★]

oculomotor nerve (KH), CN III
nervus oculomotorius
脳神経


概念

走行

"http://192.168.2.14/mediawiki/index.php/%E5%8B%95%E7%9C%BC%E7%A5%9E%E7%B5%8C" より作成


一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
                    上眼窩裂 支配筋:上直筋、下直筋、内側直筋、下斜筋
                  毛様体神経節 上眼窩裂 副交感神経:瞳孔収縮筋、毛様体筋

臨床関連

  • 動眼神経麻痺 (M.602 KL.641,642 BET.367)
後交通動脈の動脈瘤が原因となりうる ← 大脳動脈輪の動脈瘤で二番目に多い



眼神経」

  [★]

ophthalmic nerve (KH)
nervus ophthalmicus
ガッセル神経節


一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
          三叉神経節           上眼窩裂 角膜、前頭部、頭皮眼瞼、鼻の皮膚、鼻腔副鼻腔の粘膜からの感覚


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis



神経麻痺」

  [★]

nerve paralysisneuroparalysis




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡