動作維持困難

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳血管障害患者における転倒・転落の危険因子 : 特に高次脳機能障害との関連性について
  • 高嶺 一雄
  • The KITAKANTO medical journal 55(1), 1-4, 2005-02-01
  • … 65%を占めており,60歳代以上の高齢者に多い傾向がみられた.アセスメントスコアは危険度II,IIIと危険度の高い例が大半であった.高次脳機能検査では78%で何らかの障害を有しており,注意障害,半側空間無視,構成失行,痴呆,見当識障害,動作維持困難が多かった.左片麻痺例では,2回以上転倒・転落する比率が右片麻痺例より有意に多かった.【結語】脳血管障害患者の転倒・転落の危険因子として高次脳機能障害は重要である. …
  • NAID 110001494325

関連リンク

氏名: (男/女) 年齢: 歳 検査日: / / 診断名: 検者 テストの種類 異常の判定基準 判定 舌出し維持テスト 20秒ずつ2回行なわせて1回でも不完全 正常/異常 (閉眼状態) な場合 ...
動作維持困難テスト検査表 動作維持困難(motor impresistence)〔+(陽性)〕とする。 2~3テストが異常:modedate MI 4テスト以上が異常:marked MI <引用文献>江藤文夫・他:CLINICAL REHABILITATION 別冊/高次脳機能の ...
≪≪≪文献ガイド目次へ 感情,表情,相貌… ≫≫≫ 『文献ガイド』 【監修】横浜コミュニケーション障害研究会 《運動維持困難・ MI》 2355,運動維持困難(MI)の症例-MIテストの訓練経過(臨床リハ別冊), 森島まりゑ他 ...

関連画像

新潟市・長岡市・三条市・上越  動作,比於地板進行困難兩倍核心肌群訓練 – 積木操教學  困難,可以換成膝蓋着地再做 、品質維持・管理が困難に動作 3 上半身 與 動作 2 相同 抬


★リンクテーブル★
関連記事困難」「維持」「動作

困難」

  [★]

difficultydistresstroubledifficulthardintractablerecalcitrantarduouslabored
窮迫硬性故障障害心配難治難治性不応性難しい悩み悩ます硬い硬質強情、苦しめる、トラブル苦悩


維持」

  [★]

maintenanceretentionmaintainholdkeepsustain
持続貯留続く続ける保持率保定保持持つ保つ抱える整備


動作」

  [★]

action, behavior, bodily movement, kine, motion, movement, performance




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡