努責

出典: meddic


和文文献

  • 地域開業助産師の助産診断・技術のポイント-長時間立位で努責し、膣壁裂傷と血腫形成がおこった事例-
  • 重西 桂子,岡崎 愉加,吉永 茂美
  • 岡山県立大学保健福祉学部紀要 15, 65-72, 2008
  • NAID 110009393881
  • 産科医の立場から (特集 診療上のcontroversy--こんな時どうする) -- (周産期 無痛分娩で,分娩第2期になり無感覚のため努責がかからない. こんな時どうする?--無痛分娩の実際と普及のために)

関連リンク

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。
この回答への補足 回答ありがとうございます。 助産師さんに聞きましたら、「怒責」が正しいといわれました。 でも、私も産科では「努責」の方が正しいのではないかと、思っています。ICD-661.9というのは、なんですか?
看護用語で使用される怒責と努責はどう違うのでしょう? 怒責とはいきんで、声門を閉じて肺から呼気を呼出しようとする動作であり、この動作により胸腔・腹腔内圧が著しく上昇する。胸腔内圧の著しい上昇は初期の変化 ...

関連画像

烏克蘭前總統亞努科維奇私人 イラスト:お風呂はぬるめに 史努比印花T-17-女史努比印花T-008-女史努比印花T-L05-男導演大責預計將請


★リンクテーブル★
国試過去問105I060
リンク元いきみ

105I060」

  [★]

  • 35歳の1回経産婦。妊娠40週に陣痛発来し入院した。5年前に回旋異常のため妊娠38週で2, 700gの女児を帝王切開で分娩した。今回の妊娠経過は良好であった。身長158cm、体重62kg、脈拍84/分、整。血圧120/84mmHg。児は第1頭位。腟鏡診で外子宮口から少量の羊水流出を認めた。超音波検査では胎児推定体重は3,400g、胎盤子宮底部を中心に存在し異常所見を認めなかった。入院時の内診所見で先進部の下降度 SP-1cm、子宮口3cm開大。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮は3分間隔。胎児心拍数パターンに異常を認めなかった。その後陣痛は増強し頻回となり入院後2時間には2分間隔となった。内診では子宮口は全開大し、児頭下降度はSP+2cmであった。この時点から産婦は陣痛に合わせて努責を開始した。30分経過したころ気分不快を訴えた。呼吸困難はない。意識は清明、呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧80/52mmHg。顔面は蒼白。少量の性器出血を認める。再度の内診では、児頭下降度はSP-3cmである。胎児心拍数陣痛図では陣痛は微弱となり、遷延性徐脈を認める。
  • 治療として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I059]←[国試_105]→[105I061

いきみ」

  [★]

abdominal muscle pressure
努責




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡