加リン酸分解

出典: meddic

phosphorolysis
[[]]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マルトースホスホリラーゼを用いた分岐グルコ3糖の生産
  • 仁平 高則,斉藤 由華,中井 博之,北岡 本光,大坪 研一
  • 新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University 65(1), 67-75, 2012-09
  • … 糖質加リン酸分解酵素(ホスホリラーゼ)は、その反応の可逆性と厳密な反応位置特異性からオリゴ糖合成に利用可能である。 …
  • NAID 120005332260
  • マルトースホスホリラーゼを用いた分岐グルコ3糖の生産
  • 仁平 高則,斉藤 由華,中井 博之 [他],Kitaoka Motomitsu,Otsubo Ken'ichi,仁平 高則,斉藤 由華,中井 博之,北岡 本光,大坪 研一
  • 新潟大学農学部研究報告 65(1), 67-75, 2012-09
  • … Modeling structure analysis using Lactobacillus brevis GH65 maltose phosphorylase as the template and superimposition of an inhibitory pseudomaltotetrasacchaide acarbose from a complex with Aspergillus awamori GH15 glucoamylase suggested that Bsel2056 possessed a binding space to accommodate the bulky C2 substituent of D-glucose.糖質加リン酸分解酵素(ホスホリラーゼ)は、その反応の可逆性と厳密な反応位置特異性からオリゴ糖合成に利用可能である。 …
  • NAID 120005285480
  • プレバイオティクスとして有用な新規機能性オリゴ糖の生産開発(糖質関連酸素化学シンポジウム)
  • 中井 博之,Svensson Birte,大坪 研一
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 2(2), 117-121, 2012-05-20
  • … 本研究では,糖質加リン酸分解酵素(ホスホリラーゼ)が触媒するオリゴ糖合成反応を用いてプレバイオティクスの新規開発を目指した。 …
  • NAID 110009635061

関連リンク

栄養・生化学辞典 加リン酸分解の用語解説 - グリコーゲンホスホリラーゼが触媒する反応のように,基質が分解されるときに正リン酸が加わる反応. ... ポンプでお困りですか? 金属より酸・スラリーに強い! 樹脂製スラリー ...
グリコーゲンホスホリラーゼはグリコーゲンに加リン酸分解 を起こしてグリコーゲン-1-リン酸を産生する。 酵素:グリコーゲンホスホリラーゼ 産物:グリコーゲン-1-リン酸 ただし、グリコーゲンから グルコースを切り離すときは非 ...

関連画像

課題】ニゲロース加リン酸分解 構造をみる加水分解(左)、加リン酸分解(右  リン酸石灰43%」【1kg】 [ TSN10 3 チ ミジン 加 リン酸 分解 三リン酸から,リン酸


★リンクテーブル★
リンク元グリコーゲンホスホリラーゼ」「phosphoroylytic」「phosphorolysis
拡張検索加リン酸分解酵素
関連記事リン」「分解

グリコーゲンホスホリラーゼ」

  [★]

phosphoryl
glycogen phosphorylase
グリコーゲン
  • first aid step1 2006 p.98

調節

  • 細胞内cAMP濃度 (HBC.160)
インスリン → ↓cAMP → ↓glycogen phosphorylase
グルカゴンエピネフリン → ↑cAMP → ↑glycogen phosphorylase
  • cAMP非依存的経路 (HBC.162)
  • Ca2+
  • Ca2+やphosphatidylinositol bisphosphate pathway
  • バソプレシン、オキシトシン、アンジオテンシンII

臨床関連

  • 骨格筋のグリコーゲンホスホリラーゼ欠損

USMLE

  • Q book p.139 33


phosphoroylytic」

  [★]

  • adj.

phosphorolysis」

  [★]

  • 加リン酸分解
phosphorolytic

加リン酸分解酵素」

  [★]

phosphorylase
ホスホリラーゼ


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





分解」

  [★]

degradationbreakdowndecompositiondisintegrationdisassemblydegraderesolvedisassemblecrackdecomposecatabolizedisintegratecatabolized
異化解決解重合解体回復壊変亀裂クラック故障腐敗分離崩壊構成不能破綻消散ひび



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡