副鼻腔真菌症

出典: meddic

fungal sinusitis
真菌性副鼻腔炎
副鼻腔炎

疫学

  • 40-50歳に好発
  • 片側性がほとんど
  • 上顎洞が2/3

病原体

  • アスペルギルス、カンジダは健常者、ムコールは糖尿病患者に多い
糖尿病患者ではケトアシドーシスで食細胞の貪食能が低下するため

下位概念

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 眼窩先端症候群を呈した非浸潤型副鼻腔アスペルギルス感染症の1例
  • 田中 章浩,吉田 誠克,諫山 玲名 [他]
  • 臨床神経学 51(3), 219-222, 2011-03
  • NAID 40018750143
  • 上咽頭癌根治照射後の副鼻腔真菌症による内頸動脈仮性動脈瘤破裂例
  • 小松 正規,石戸谷 淳一,池田 陽一,河野 敏朗,生駒 亮,佃 守
  • 耳鼻咽喉科臨床 103(6), 533-540, 2010-06-01
  • Chronic sinusitis is often caused by radiotherapy for nasopharyngeal carcinoma (NPC). In addition, reports have appeared in the literature on cases of massive bleeding from pseudoaneurysms of the inte …
  • NAID 10026361904

関連リンク

鼻疾患へ 【副鼻腔真菌症】 鼻の回りの副鼻腔については副鼻腔炎などもご覧てください。普通真菌(カビ)、その うちアスペルギルス、ムコール、カンディダなどの真菌は体のいろいろな所について いるけど炎症は起こしません。
副鼻腔真菌症。副鼻腔真菌症とはどんな病気か 真菌(カビ)が原因で副鼻腔に炎症が起こる病気です。副鼻腔に真菌が増殖し、真菌塊を形成し強い炎症を引き起こします。時に副鼻腔壁の骨の破壊もみられることがあります。上顎洞(じ goo ...
「副 鼻腔 (びくう) 真菌症」と診断され、手術を受けました。奥の方が取り切れていなかったので、再手術の予定です。どのような病気なのか、再手術で本当に治るのか教えてください。(64 ...

関連画像

副鼻腔真菌症slide0009_image031.jpg顔を正面からみたCTslide0013_image004.jpgslide0011_image041.jpgslide0004_image016.png


★リンクテーブル★
先読み副鼻腔炎
国試過去問107A022」「106A048
拡張検索アレルギー性副鼻腔真菌症
関連記事真菌」「真菌症」「副鼻腔」「」「鼻腔

副鼻腔炎」

  [★]

sinusitis ← 静脈洞炎の意味もある
副鼻腔

分類

副鼻腔炎を合併しやすい慢性気道感染症 YN.I-74




107A022」

  [★]

  • 40歳の男性。3週前からの右側の鼻閉と頬部違和感とを主訴に来院した。副鼻腔エックス線写真と副鼻腔単純CTとで右上顎洞に異常陰影を認めたため、内視鏡下に中鼻道から上顎洞組織の生検を行った。副鼻腔単純CT冠状断像と横断像(別冊No.4A、B)、生検組織のGrocott染色標本(別冊No.4C)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107A021]←[国試_107]→[107A023

106A048」

  [★]

  • 66歳の女性。 1か月前からの頬部腫脹を主訴に来院した。 28年前に慢性副鼻腔炎に対する手術の既往がある。歯肉部からの穿刺粘稠な液体が吸引される。頭部単純CT冠状断像(別冊No. 22A)と頭部MRIのT1強調冠状断像(別冊No. 22B)とを別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A047]←[国試_106]→[106A049

アレルギー性副鼻腔真菌症」

  [★]

allergic fungal rhinosinusitis

真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    


真菌症」

  [★]

mycosis, mycotic disease
真菌感染症 fungal infection真菌感染
真菌抗真菌薬


  • 表在真菌症
  • 皮下真菌症 深部皮膚真菌症
  • Blastomyces dematitidis
  • Rhizopus oryae

代表的な真菌症 CBT QB vol2 p.193

  白癬 スポロトリコーシス 皮膚カンジダ症 癜風
原因菌 皮膚糸状菌 Sporothrix schenckii Candida albicans Malassezia furfur
症状 頭部、顔面、体部、股部、足の白癬 皮下結節→潰瘍化 指趾間びらん、爪周囲炎、粘膜カンジダ 胸・背部に黒・白色斑
検査 KOH法 スポロトリキン反応PAS染色KOH法 KOH法、Wood灯検査
治療 抗真菌薬外用、抗真菌薬内服 ヨードカリ内服、温熱療法、抗真菌薬内服 イミダゾール系抗真菌薬外用 抗真菌薬外用


副鼻腔」

  [★]

paranasal sinus
sinus paranasalis, sinus paranasales
[[]]

副鼻腔

090108II
  内側 外側 前方 後方 交通路 交通先
前頭洞
 
頭蓋 眼窩         前頭鼻管 中鼻道
上顎洞
 
眼窩壁 歯槽突起 鼻腔 頬骨弓   翼口蓋窩   中鼻道
篩骨洞
 
前頭洞     眼窩壁       中鼻道(前篩骨洞)/
上鼻道(後篩骨洞)
蝶形骨洞
 
頭蓋壁     視神経管(上)/
後篩骨洞(下)
  頭蓋壁   上鼻道


臨床関連


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

鼻腔」

  [★]

nasal cavity (Z)
cavum nasi





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡