副調律

出典: meddic


-副収縮


和文文献

  • 双方向変調副調律モデルの特性とその臨床心電図への適用
  • 池田 憲昭,竹内 昭博,高柳 寛,宮原 英夫,幸田 誠
  • 心電図 = Electrocardiology 22, 1-86, 2002-03-25
  • NAID 10008115913
  • 226) 副収縮刺激の心室補充収縮中枢への進入ブロックを呈した心室性副調律 : 日本循環器学会第55回近畿地方会
  • 加藤 孝和,津田 司,西村 昌雄,渡部 良夫
  • Japanese circulation journal 48(SupplementI), 128, 1984-09-10
  • NAID 110002579597

関連リンク

1. 副調律 (parathythmia) とは 洞結節以外に、独自のリズムで動く異所中枢があり、心室(又は心房)が二重支配を受けている状態を副調律という。このような異所中枢を副調律中枢 (pararhythmic center) といい、多くの場合は心 ...
フクチョウリツ 【英】pararrhythmia 2つ以上の独立した刺激発生中枢があり,そこからの刺激が競合して心収縮*を生じて ... 記事「副調律」に関する感想・その他のコメントはこちらで。 記事の編集に関わる議論・質問は「副調律」の ...
Title 副調律 Author 佐々部, 啓晴 Author (Another name) ササベ, ケイセイ University 日本大学 Types of degree 医学博士 Grant ID [報告番号不明] Degree year 1954-02-03

関連画像

毎年定期調律を欠かさずされ 図3. 調律の移動によるデルタ波 副調律時の進出ブロツクと保護 副代表 山田早紀KAWAI EX-L副調律の心電図


★リンクテーブル★
リンク元期外収縮」「副収縮
関連記事調律

期外収縮」

  [★]

premature beat, extrasystole, premature contraction
期外収縮後増強


定義

  • 基本調律の収縮に先行して、中枢以外の部位が起源となった収縮。この場合、中枢とは洞房結節を指す。

分類

  • 期外収縮により脈が抜ける → 間をおいた後の脈波強く打つ
  • 期外収縮が脈に間挿される → 間入性心室期外収縮 interpolated extrasystole

機序

  • リエントリー
  • 異所性自発能亢進
  • 誘発活動(triggered activity

病態

  • 健常人に発生するもの → 予後は良好
  • 器質性心疾患に合併 → 治療が必要

症状

  • 無症状~動悸、結滞、前胸部不快、胸痛

身体検査

  • 脈拍の結滞、心拍の不整

検査

心電図 IMD.792

  P波 QRS
SVPC あり(異所性P波。形は変化) narrow
VPC なし wide

連結期の長さによる分類

  • 連結期が一定 → 固定連結期  多い
  • 連結期が不定 → 多原性あるいは副調律の可能性

期外収縮の挿入による基本調律の延長の有無による分類

  • 期外収縮の挿入により基本調律の間隔が長くなること → 代償休止 (非房室伝導性PAC(blocked PAC)や完全代償休止期を伴う非陥入性PVCではRR間隔が長くなる
  • 完全代償休止 :基本調律収縮間隔の2倍
  • 不完全代償休止:基本調律収縮間隔の2倍より短い



副収縮」

  [★]

parasystole
副調律


調律」

  [★]

tuning, rhythm
調整同調チューニング





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡