副腎性アンドロゲン

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • SY1-3 前立腺癌の再燃に関与する副腎性アンドロゲンと治療への展開(1.前立腺癌研究の最新の進歩:基礎研究から臨床へ向けて,シンポジウム,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 溝上 敦,高 栄哲,泉 浩二,島 崇,角野 佳史,小中 弘之,北川 育秀,三輪 聰太郎,並木 幹夫
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 118, 2011-03-20
  • NAID 110008611683
  • 去勢抵抗性前立腺がんにおける男性ホルモンの意義 (特集 加齢に伴う内分泌代謝疾患)

関連リンク

栄養・生化学辞典 - 副腎アンドロゲンの用語解説 - 副腎由来の男性ホルモン.デヒドロエピアンドロステロン,アンドロステンジオン,11β-ヒドロキシアンドロステンジオンをいう.性巣の男性ホルモンとは炭素数が異なる特徴がある.
表-4 副腎性アンドロゲン(デヒドロエピアンドロステロン)の作用 1. 弱いアンドロゲン作用 テストステロンの約1/5の作用 2. 腹腔内脂肪沈着の促進(女性) 3. 虚血性心疾患の予防(男性) 4. 乳癌の予防(閉経前女性 ...

関連画像

中枢神経(脳・脊髄)神経細胞 からの経胎盤性のアンドロゲン 前立腺がんの「内分泌療法 看護学生のために(by 白鳥恭介 前立腺がんの内分泌療法尿失禁・性器脱・便失禁専門


★リンクテーブル★
関連記事アンドロゲン」「副腎」「腎性」「副腎性」「

アンドロゲン」

  [★]

androgen
男性ホルモン male sex hormone
精巣性アンドロゲン

概念

アンドロゲン

  • アンドロゲンは肝臓で不活化されるため、経口投与ではほとんど効果がない。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%83%B3)

種類

分類

性状

  • ステロイド

産生組織

  • 卵胞内の卵胞上皮細胞で芳香環化されてエストロゲンに変換される。

標的組織

受容体

作用

  • アンドロゲンとは雄の副生殖器の発育および機能を促進し、二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからなる。

分泌の調整

分子機構

生合成

臨床関連



副腎」

  [★]

adrenal gland (KH), suprarenal gland (Z)
腎上体



解剖

  • 第一腰椎の高さ

血管(図:N.322)

動脈

静脈

  1. ref(renal_gland_av.png,副腎)


組織

  • 皮質
  • 髄質

機能



腎性」

  [★]

renalrenally
腎臓


副腎性」

  [★]

adrenalsuprarenal
副腎


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡