副腎シンチグラフィ

出典: meddic

adrenal scintigraphy


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 副腎シンチグラフィ (泌尿器科検査のここがポイント) -- (核医学的検査)
  • A Case of Adrenal Incidentaloma in which Autonomous Cortisol Production to become Clear during a Very Short Term
  • Ogo Atsushi,Watanabe Akimasa,Ide Chiharu,Maruta Tetsushi,Sakai Yoshiyuki,Hiramatsu Shinsuke,Uesugi Noriko,Shigematsu Kazuto,小河 淳,渡邉 聴正,井手 千晴,丸田 哲史,坂井 義之,平松 真祐,上杉 憲子,重松 和人,オゴウ アツシ,ワタナベ アキマサ,イデ チハル,マルタ テツシ,サカイ ヨシユキ,ヒラマツ シンスケ,ウエスギ ノリコ,シゲマツ カズト
  • 福岡医学雑誌 98(7), 150-158, 2008-07-25
  • … た.ところが3ケ月後の血液検査でACTH 値は感度以下の低値で,コルチゾール基礎値は正常であるが,デキサメサゾン1mgまたは8mg 抑制試験でコルチゾールは完全に抑制されなかった.アドステロール副腎シンチグラフィー検査では左副腎腫瘍に高集積を認め,右副腎には集積を認めなかった.そこで今回患者さんの同意を得て腹腔鏡下で左副腎摘出術を施行した.摘出副腎腫瘍は光顕像ではACTH-independent macronodularadrenoco …
  • NAID 120000982077
  • プレクリニカルクッシング症候群が疑われた16例の臨床的検討
  • 小出 晴久,古田 希,山田 裕紀,伊藤 博之,岸本 幸一,池本 庸,大石 幸彦
  • 日本泌尿器科學會雜誌 95(1), 1-7, 2004-01-20
  • … PC群で尿中17-OHCS値はDXM抑制群に比して有意に高値を示した.3)両群全症例において,副腎シンチグラフィで患側の集積と健側の抑制,摘出標本における付着副腎皮質の萎縮を認めた.4)DXM抑制群1例で術後副腎不全症状を認めた.5)術後面群において,高血圧,糖尿病が改善し,体重減少を認めた症例が存在した.(考察)PC群は,DXM抑制群より内分泌活性が高いと考えられたが,DXM抑制群においてもコルチゾールの自律性分泌を持ち,手術 …
  • NAID 110003060703

関連リンク

シンチグラフィー scintigraphy. ... 副腎皮質シンチグラフィー · 副腎髄質シンチグラフィー · 肝機能シンチグラフィー, ... リン酸化合物に放射性同位元素を結合させた試料 99mTc- MDP を用いて骨病変を描出するシンチグラフィーである。 骨代謝が亢進している部位 ...
99mTc-HMDPによる骨シンチグラフィの例。 左側2つの写真( ... シンチグラフィ(英: scintigraphy)・シンチグラムは、体内に投与した放射性同位体から放出される放射線を 検出し、その分布を画像化したもの。画像診断法の ... 副腎シンチグラフィ, ヨウ素(131I) 他 ...

関連画像

ADRE:副腎シンチグラフィ褐色細胞腫」 前面像 右副腎 副腎髄質シンチグラフィー


★リンクテーブル★
国試過去問101A022」「101A037」「079B072
拡張検索131I-アドステロール副腎シンチグラフィ
関連記事シンチ」「」「副腎」「シンチグラフィ

101A022」

  [★]

  • 32歳の女性。発作性の頭痛と動悸とを主訴に来院した。1年前の健康診断で高血圧を指摘されたため、毎朝、血圧測定をしている。通常120/80mmHg前後であるが、症状出現時には収縮期血圧が200mmHgのこともある。意識は清明。身長155cm、体重46kg。脈拍76/分、整。血圧138/74mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球410万、Hb14.0g/dl、白血球7,800。血清生化学所見:尿素窒素18mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、TSH3.2μU/ml(基準0.2~4.0)、アルドステロン6ng/dl(基準5~10)、血漿レニン活性2.0ng/ml/時間(基準1.2~2.5)、アドレナリン120pg/ml(基準100以下)、ノルアドレナリン1,200pg/ml(基準100~450)。尿中VMA9mg/日(基準1.3~5.1)。
  • 検査として適切でないのはどれか。
  • a. 腹部単純CT
  • b. 腹部単純MRI
  • c. 腹部超音波検査
  • d. 腹部大動脈造影、
  • e. 副腎シンチグラフィ
[正答]


※国試ナビ4※ 101A021]←[国試_101]→[101A023

101A037」

  [★]

  • 75歳の女性。膝と踵との痛みを主訴に来院した。25年前から糸球体腎炎による末期腎不全のため血液透析を受けている。6か月前から歩行時の両膝の痛みを自覚し、最近は踵にも痛みを感じるようになった。血液所見:赤沈40mm/1時間、赤血球360万、Hb10.8g/dl、Ht32%。血清生化学所見:尿素窒素86mg/dl、クレアチニン9.2mg/dl、ALP600IU/l(基準260以下)、Na140mEq/l、K5.3mEq/l、Cl 106mEq/l、Ca1 1.5mg/dl、P6.4mg/dl、PTH880pg/ml(基準10~60)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.43、PaO2 82Torr、PaCO2 47Torr、HCO3- 28mEq/l。
  • ほかに行う検査として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 腎生検
  • b. 頭部CT
  • c. 頸部超音波検査
  • d. 副腎シンチグラフィ
  • e. 手指骨エックス線撮影
[正答]


※国試ナビ4※ 101A036]←[国試_101]→[101A038

079B072」

  [★]

  • ラジオアイソトープ・カウを利用するのはどれか

131I-アドステロール副腎シンチグラフィ」

  [★]

131I-アドステロール副腎皮質シンチグラフィー
アドステロール

「アドステロール-I131注射液」添付文書より

  • 本品の有効性についてのモニター調査の結果、読影できたものを有効例とした場合の有効率(有効例数/症例数)は次のとおりであった。
  • 本品の原発性アルドステロン症の腺腫への集積率はホルモン産生能と腺腫の大きさとに関係すると考えられており、通常、直径が1cm以下の腺腫では診断が困難とされている。また、たとえ直径が1cm以上の場合でも、ホルモン産生能が低い場合、陽性描出不可能な場合がある。
疾患名  有効例数/症例数  有効率 
アルドステロン症 276/282  97.9% 
副腎腫瘍 179/183  97.8% 
クッシング症候群 153/153  100% 
高血圧 102/102  100% 
褐色細胞腫 80/81  98.8% 

参考

  • [display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4300426A1020_1_13/4300426A1020_1_13?view=body

シンチ」

  [★]

シンチグラフィーシンチグラム

脳血流シンチグラム

脳槽シンチグラム

心筋シンチグラム

  • 201TlCl:K+とほぼ同様の挙動を示し、Na/K ATPaseを介して心筋細胞に取り込まれる。一回の灌流で心筋内に取り込まれその取り込みは冠血流に依存するために、心筋血流分布を反映するといわれている。
  • 99mTc-MIBI99mテクネチウムセスタミビ
  • 99mTc-tetrofosmin:99mTc-テトロフォスミン:

心筋壊死シンチグラム

心筋脂肪酸代謝シンチグラム

  • 123I-BMIPP:心臓の脂肪酸代謝を反映しており、心筋虚血、心筋梗塞で集積が低下する。

心筋交感神経シンチグラム

骨血流シンチグラム

肺換気シンチグラム

骨シンチグラム

骨髄シンチグラム

  • 111In-塩化インジウム:血清中のトランスフェリンと結合し、鉄イオンと類似した血中動態を示し、幼若赤血球に取り込まれるため、活性骨髄に集積
  • 99mTc-スズコロイド:骨髄内の網内系を描出。網内系細胞に貪食される。

甲状腺シンチグラム

  • 123I   :(甲状腺摂取率)3時間値5-20%、24時間値15-35%
  • 99mTcO4-:(甲状腺摂取率)30分値0.4-3.0%。唾液腺、唾液への生理的な取り込みが多いためバックグラウンドが高い。
  • 131I   :全身シンチグラムに使用。甲状腺全摘出後に行う。
  • 123I-MIBG:甲状腺髄様癌
  • 210Tl:分化型甲状腺癌
  • 67Ga:甲状腺未分化癌、甲状腺悪性リンパ腫

副甲状腺シンチグラム

  • 99mTc-MIBI:ヘキサキス(2-メトキシイソブチルイソニトリル)テクネチウム(99mTc):副甲状腺腫に集積

副腎髄質シンチグラム

副腎皮質シンチグラム

  • 131I-アドステロール:クッシング症候群や原発性アルドステロンの確定診断に有用。たぶんステロール環をもっており副腎皮質に取り込まれる

腎シンチグラム

肝受容体シンチグラム

肝胆道シンチグラム

唾液腺シンチグラム

全身検索

ガリウムシンチグラム

タリウムシンチグラム

MIBGシンチグラム

FDGシンチグラム

腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ


副腎」

  [★]

adrenal gland (KH), suprarenal gland (Z)
腎上体



解剖

  • 第一腰椎の高さ

血管(図:N.322)

動脈

静脈

  1. ref(renal_gland_av.png,副腎)


組織

  • 皮質
  • 髄質

機能



シンチグラフィ」

  [★] シンチグラフィー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡