副神経核

出典: meddic

()
nucleus of accessory nerve
nucleus ofaccessory nerve

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

副神経[XI] 副神経 解剖学用語(副神経) 副神経は迷走神経のアクセサリーのような神経ということから付けられた名称である。副神経には延髄根と脊髄根とがあり、どちらも遠心性線維のみを含んである。副神経は迷走神経の運動枝と ...
副神経を考察してみました。 ... 僧帽筋と胸鎖乳突筋は、肩こりに必ず出て来る、筋肉です。 その筋肉を支配する、副神経は、脊柱からでておらず例外ともいえる神経なので、考察してみました。

関連画像

⑥ 副神経脊髄根副神経の損傷 :副神経)橋下部の横断面。前庭神経核は 脳幹神経核図 -2-延髄 における迷走神経の起始


★リンクテーブル★
関連記事副神経」「神経」「神経核」「

副神経」

  [★]

accessory nerve, CN XI
nervus accessorius
第11脳神経 eleventh cranial nerve
脳神経



  一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
延髄根                     頚静脈孔 支配筋:軟口蓋、咽頭の横紋筋、喉頭(いずれも脳神経Xに加わる神経を経由)~
脊髄根           ○(疑核)           頚静脈孔 支配筋:胸鎖乳突筋と僧帽筋~

脳神経>:脳神経


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


神経核」

  [★]

nucleus
nerve nucleus
神経節大脳基底核


核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡