副咽頭間隙腫瘍

出典: meddic

tumor of the parapharyngeal space
傍咽頭隙腫瘍
副咽頭間隙


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 副咽頭間隙腫瘍の手術適応と術式に関する検討
  • 細川 誠二,杉山 健一,岡村 純 [他]
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 114(10), 807-813, 2011-10
  • NAID 40019038613

関連リンク

家庭医学館 副咽頭間隙腫瘍の用語解説 - [どんな病気か] 副咽頭間隙に発生する腫瘍 には、耳下腺腫瘍(じかせんしゅよう)、神経原性腫瘍(しんけいげんせいしゅよう)などが あります。またこの部位は、リンパ流が非常に豊富なので、頭頸部(とうけいぶ)領域の ...
副咽頭腫瘍(ふくいんとうしゅよう) くび・顔面・他のQ&Aにもどる · 副咽頭間隙に発生 する腫瘍です。この部位に腫瘍が発生しても最初はまったく自覚症状が出ないことが 多いです。腫瘍が直径4~5センチくらいになって初めて、頚部の上の方が何となく腫れ てき ...

関連画像

22昼食副咽頭間隙腫瘍(ふくいんとう ParaPS.jpgホーム ご挨拶 第二回教育 12 時 30 分 昼食 さてさて 副咽頭間隙腫瘍(ふくいんとう


★リンクテーブル★
国試過去問099G055
関連記事腫瘍」「咽頭」「副咽頭間隙」「間隙

099G055」

  [★]

  • 55歳の男性。開口障害を訴えて来院した。2週前に庭で古釘を足に刺したが放置していた。1週前から微熱、開口障害および肩・頭部のこわばり感が出現し悪化してきた。咽頭に異常はなく、顎関節部に疼痛と腫脹とを認めない。体温37.5℃。白血球7,400。血清アミラーゼ120単位(基準37~160)。CRP2.8mg/dl。考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G054]←[国試_099]→[099G056

腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

咽頭」

  [★]

fauces, throat
pharynx (K)

咽頭の筋

咽頭の筋の一覧

咽頭筋





副咽頭間隙」

  [★]

parapharyngeal space, pharyngomaxillary space
傍咽頭間隙
傍咽頭間隙感染


間隙」

  [★]

gapcleftcreviceintersticecrevicular
凹部ギャップ中裂割れ目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡