剥離性大動脈瘤

出典: meddic

解離性大動脈瘤

和文文献

  • 剥離性大動脈瘤を伴った痛風症例
  • 剥離性大動脈瘤及び冠動脈瘤を伴った急性心筋硬塞症の1例 : 第28回日本循環器学会中国四国地方会
  • 古瀬 倶之,宮田 誠,永松 力,都田 潤一郎
  • Japanese circulation journal 39(8), 985, 1975-09-20
  • NAID 110002589827
  • 剥離性大動脈瘤の一例 : 第28回日本循環器学会中国四国地方会
  • 坂本 克己,山口 隆生,河野 隆任,前田 準也
  • Japanese circulation journal 39(8), 982-983, 1975-09-20
  • NAID 110002589816

関連リンク

大動脈解離(だいどうみゃくかいり、英: Aortic dissection)とは、3層構造を作っている 大動脈のうち真ん中の層の膜(中膜)に、 ... 解離によって生じた空間は仮性動脈瘤と なるため、大動脈瘤の一種として分類されることがあり、別名を「解離性大動脈瘤」とも 言う。
剥がれるきっかけとなった部位には、内膜に裂け目が出来ていて、本来の血液の通り道 (真腔といいます)と新たに出来た通り道(偽腔といいます)の間に交通があります。 偽腔 側が膨らんで「瘤」状となった時に「解離性大動脈瘤」と呼びます。 明らかな発症原因は ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元解離性大動脈瘤
関連記事大動脈瘤」「大動脈」「動脈瘤」「剥離」「動脈

解離性大動脈瘤」

  [★]

dissecting aortic aneurysm DAA, dissecting aneurysm of the aorta DA
剥離性大動脈瘤大動脈解離
急性大動脈解離, 解離性動脈瘤

分類

  • DeBakey
  • Stanford

病因

  • 1. 動脈硬化性
  • 2. 嚢胞性中膜壊死:特に若年者で、かつ Marfan(マルファン)症候群を合併していることが多い。

症状

PHD.354 HIM.1565
  • 突発性、激烈な前胸部痛(Stanford A型)・背部痛(Stanford B型)。移動性。
  • 血管の閉塞症状(頚動脈:意識障害、麻痺、上腸間膜動脈:悪心・嘔吐、上腹部痛、下血、腎動脈:乏尿、血尿、腸骨動脈:下肢痛、チアノーゼなど)
  • 循環器症状:血圧↑ ← 狭窄部より近位の血圧が増大する(IMD.474)
  • 消化器症状:悪心・嘔吐(痛みから交感神経刺激)
  • 腎臓:乏尿(腎血流減少、交感神経興奮)、血尿
  • 全身症状:疼痛と共にショックを起こす、発汗(交感神経刺激)
  • ARをきたした場合:(急性ARによる)呼吸困難、血痰、動悸
  • DeBakey I型・DeBakeyI II型(Stanford A型):大動脈弁閉鎖不全、脳卒中発作、鎖骨下動脈閉塞による上肢の疼痛(身体所見として左右上肢の血圧差)
  • DeBakey III型(Stanford B型):III型では肝・腎不全、消化器症状、(大動脈分岐部)背部痛、下肢の阻血(下肢の疼痛)

検査

血液検査

  • 貧血
  • 白血球数:増加
  • CRP:上昇
  • 心筋逸脱酵素

画像検査

胸部単純X線写真 + 胸部造影CT/胸部CT
  • 心電図
  • 胸部単純X線写真:縦隔陰影の拡大や胸腔内血液貯留。縦隔の拡大、カルシウムサインを認める。カルシウムサイン(血管内腔のカルシウム沈着部位)と外膜の関係から内腔の大きさを推定できる。
  • 胸部CT/胸部造影CT:解離の部位・広がり・大きさ
[show details] [show details]
  • 超音波検査
  • 経胸壁:上行大動脈瘤については解離の有無、内膜亀裂の位置、解離腔に血流があるかどうか、ARの有無や心嚢液貯留の有無(IMD)
  • 経食道心エコー検査:下行大動脈における解離腔の広がりや血流の状態(IMD)
  • 大動脈造影:大動脈弁閉鎖不全症や解離の範囲を評価できる。

治療

  • Stanford A:緊急手術
  • Stanford B:降圧療法

国試


大動脈瘤」

  [★]

aortic aneurysm, aneurysm of the aorta
動脈瘤大動脈弁輪拡張症 AAE

概念

  • 大動脈に発生する動脈瘤。

分類

部位

病理

疫学

好発部位

  • 腎下部腹部大動脈瘤 60%
  • 上行大動脈瘤    16%
  • 弓部下行大動脈瘤   7%
  • 腎上部腹部大動脈瘤  5%
  • 胸腹部大動脈瘤    2%
  • 動脈硬化性の大動脈瘤の頻度が増加

腹部AAと胸部AAの比較 (YN.C146)

  胸部大動脈瘤 腹部大動脈瘤
aortic aneurysmに占める割合 1/3 2/3
癒着症状 オリバー・カルダレッリ徴候  
圧迫症状 胸痛・背部痛、呼吸困難・喘鳴・咳、嚥下困難、頚静脈怒張嗄声Horner症候群上大静脈症候群、前胸部拍動性腫瘤 腰痛、腹痛、イレウス、腹部拍動性腫瘤
破裂症状 突然の激烈な胸痛、背部痛、ショック 腰背部痛、貧血、ショック
その他   下肢動脈閉塞症状(blue toe症候群)

病因

YN.C-145

ガイドライン

  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2006年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_takamoto_h.pdf

治療

  • 胸部AA > 5cm、腹部AA > 6cmで破裂のリスクが高まる。

手術療法

動脈瘤


大動脈」

  [★]

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。




動脈瘤」

  [★]

aneurysm, arterial aneurysm
大動脈瘤真性動脈瘤仮性動脈瘤


剥離」

  [★]

detachment, ablation
表皮剥離表皮剥脱



動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡