前野良沢

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/09 16:22:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 郷土を紐解く 大分県の先人・先達たち(10)前野良沢
  • 志水 泰通
  • おおいたの経済と経営 (277), 26-29, 2013-10
  • NAID 40019827073
  • 「天然の奇士」前野良沢
  • 鳥井 裕美子
  • 日本医史学雑誌 52(1), 24-25, 2006-03-20
  • NAID 10017559436
  • 英雄評伝 科学史の風雲児たち(最終回)前野良沢/『解体新書』、影の推進者

関連リンク

朝日日本歴史人物事典 前野良沢の用語解説 - 江戸中期の蘭学者,蘭方医。名は熹,字は子悦,号は楽山,蘭化で良沢は通称。本姓谷口氏。中津藩(中津市)藩医前野東元の養子となり,人のしないことをせよという伯父の淀藩医宮田全沢の感化 ...
前野 良沢(まえの りょうたく、享保8年(1723年) - 享和3年10月17日(1803年11月30 日))は、豊前国中津藩(現在の大分県中津市)の藩医で蘭学者。『解体新書』の主幹 翻訳者の一人。良沢は通称で、名は熹(よみす)、字は子 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡