前腸

出典: meddic

foregut, pre-enteron
[[]]
腹腔動脈 foregut 前腸に由来する臓器(下気道()、食道下部、胃、十二指腸肝臓胆嚢膵臓)、脾臓
stomach to proximal duodenum; liver, gallbladder, pancreas
上腸間膜動脈 midgut distal duodenum to proximal 2/3 of transverse colon
下腸間膜動脈 hindgut distal 1/3 of transverse colon to upper portion of rectum



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 寛骨臼骨折に対し中空海綿骨螺子を下前腸骨棘から刺入する内固定術の経験
  • 渡辺 完,浦崎 哲哉,松木 浩 [他]
  • 静岡整形外科医学雑誌 4(1), 36-39, 2011
  • NAID 40018777801
  • 腹部領域に発生した気管支原性嚢胞と考えられる1例
  • 木津 崇,西田 勉,筒井 秀作,藥師神 崇行,柄川 悟志,宮崎 昌典,渡部 健二,望月 圭,木曽 真一,平松 直樹,辻井 正彦,竹原 徹郎,森井 英一,林 紀夫
  • 日本消化器病学会雑誌 108(5), 769-777, 2011
  • 症例は30歳代,男性.突然の強い心窩部痛を主訴に前医を受診し,腹部CT検査にて胃背側を中心とする腹腔内に長径7cmの嚢胞性病変を認め当院紹介.超音波内視鏡で胃と筋層を共有していたことから消化管重複症を疑ったが,確定診断が困難で悪性疾患も否定できなかったため手術を施行した.病理組織検査で線毛円柱上皮,粘液漿液混合腺,平滑筋,軟骨組織を認め気管支原性嚢胞と確定診断した.気管支原性嚢胞は胸腔内や縦隔内に …
  • NAID 130000669418
  • 直腸癌術後縫合不全発症例に対する治療についての検討
  • 及川 芳徳,斎藤 幸夫,矢野 秀朗,須田 竜一郎,合田 良政,三宅 大,山澤 邦宏
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 64(5), 319-327, 2011
  • … として,術後縫合不全の発生率とその危険因子を分析し,縫合不全発症例の管理について検討した.縫合不全は290例中39例(13.4%),特にRb症例では70例中20例(28.5%)に認められ,男性・下部直腸病変・術前腸閉塞・糖尿病・長時間手術・大量出血症例で有意に多く認められた.汎発性腹膜炎を合併した2例は直ちに開腹ドレナージ+回腸人工肛門造設術を施行,37例では保存的に治療を行い30例は自然治癒したが7例は …
  • NAID 130000662542

関連リンク

関連画像

右下前腸骨棘剥離骨折MRI 阪神】上本、左上前腸骨棘を 右下前腸骨棘剥離骨折x-p 08283057.jpg右下前腸骨棘剥離骨折MRI 線毛性前腸性肝嚢胞(前腸性嚢 右下前腸骨棘剥離骨折


★リンクテーブル★
リンク元口咽頭膜」「咽頭嚢」「心腹膜管」「口窩
拡張検索上前腸骨棘」「下前腸骨棘」「上前腸骨棘裂離骨折」「先天性気管支肺前腸奇形
関連記事

口咽頭膜」

  [★]

oropharyngeal membrane
頬咽頭膜 buccopharyngeal membrane
membrana oropharyngealis
原腸形成排泄腔膜
  • 図:L.96 図5-16C, L.97
  • 初期咽頭胚において口窩(stomatodeum)と咽頭(pharynx)とを隔てる膜。
  • 発生学的な由来は外胚葉内胚葉。中胚葉は含まれない。
  • 頭腸(=前腸, foregut)の最前部腹側に位置する。
  • 発生第3週以降。前腸が口咽頭膜(内胚葉由来)で閉じられているが、発生第4週以降に破れて羊膜腔原始腸管との交通が確立する。



咽頭嚢」

  [★]

pharyngeal pouch
鰓嚢 branchial pouch
鰓弓
体腔内の構造!!
  • 前腸最先端の咽頭腸の側壁に沿って出現


  • 鰓溝に対応して、前腸の最先端部に形成されるくぼみである。L.327
  • ここから形成される構造は内胚葉由来となる
■第一咽頭嚢
 鼓室と耳管を形成する。
■第二咽頭嚢
 口蓋扁桃、扁桃窩
■第三咽頭嚢
 背側翼 (頭方に位置する) 下上皮小体
 腹側翼 (尾方に位置する) 胸腺
■第四咽頭嚢
 (頭方に位置する) 上上皮小体
 (尾方に位置する) 鰓後体



心腹膜管」

  [★]

pericardioperitoneal canal
canalis pericardioperitonealis
心膜腹膜管
[[]]


口窩」

  [★]

stomodeum, stomatodeum
  • 発生第4週口咽頭膜が破れて、前腸羊膜腔との交通が確立される。L.97
  • このとき、羊膜腔の末端側のくぼみを指す(と思う)。


上前腸骨棘」

  [★]

anterior superior iliac spine ASIS
spina iliaca anterior superior
腸骨棘、spina malleolar distance


筋の付着

靭帯の付着



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


下前腸骨棘」

  [★]

anterior inferior iliac spine AIIS
腸骨棘


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


上前腸骨棘裂離骨折」

  [★]

avulsion fracture of the anterior superior iliac spine
上前腸骨棘


先天性気管支肺前腸奇形」

  [★]

congenital bronchopulmonary foregut malformation


腸」

  [★]

intestine
intestinum
小腸(十二指腸空腸回腸)、大腸(結腸S状結腸直腸盲腸)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2ミタゾラム 効果 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
5多毛日本 12
61,1024,768,24 HTTP/1.1 8
7user/register 8
8ラクテック 8
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10盲斑 7
111,320,568,24 HTTP/1.1 7
12日常生活自立度 6
13Salivary glands 5
14viraldeath解剖 5
15ルリッシュ症候群 5
16サイズの原理 筋電図 5
17メトロイリーゼ 4
18?mesterolon? Britain 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20ハルトマン 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1user/password 9
2医の倫理 国際網領 4
3ハルトマン 3
4ソルデム 3
5顔面失行 3
6動脈血柱反射 3
7ワレンベルグ症候群 3
8monnro-kou 3
9扁平コンジローマ 3
10サーモグラフィー 末梢循環障害 2
11化学性腹膜炎 2
12高カルシウム血症 2
13シンプソン徴候 2
14自動性 2
15眼球圧迫法 2
16ポイツイエーガー症候群 2
17albright 症候群 2
18心窩部痛 2
19シドフォビル 2
20強皮症 下部食道蠕動運動 2