前立腺液

出典: meddic

[[]]
[[]]


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/04 13:25:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前立腺炎に対するgatifloxacinの臨床的検討
  • 津川 昌也
  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 47(12), 843-851, 1999-12-25
  • NAID 10005866259
  • 慢性細菌性前立腺炎に対するNM441の基礎的・臨床的検討
  • 鈴木 恵三,堀場 優樹,石川 清仁,名出 頼男,星長 清隆,柳岡 正範,加藤 忍,安藤 慎一,置塩 則彦,浅野 晴好
  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 44, 405-413, 1996-03-01
  • NAID 10007601665

関連リンク

前立腺液(ぜんりつせんえき)とは前立腺の内壁から分泌される乳白色の弱アルカリ性 の液体である。精液の成分の約3割を占め、クエン酸を多く含み、精子に活性を与える 働きをしていると考えられる。前立腺液に含まれるスペルミンという物質は「栗の花の 匂い」 ...
前立腺液に含まれる物質 前立腺液には、以下のような物質が含まれています。 ・クエン 酸(緩衝液として精子の保護を行なう) ・亜鉛(精子の運動を促進する) ・果糖(精子の 運動エネルギー源となる) ・リン化合物 ・脂質 ・各種アミノ酸 ・プロスタグランジン この ...
前立腺の働きについては、まだわからないことが多くあります。 わかっている働きは、 前立腺液を分泌することです。 前立腺液は、精液の一部となり、精子を保護したり、精子 に栄養を与えるとともに、その運動機能を助ける役割を果たしています。 ▲このページの ...

関連画像

くれる 前立腺 液 前立腺 ★ 一度 実物 を 見て お エネマグラDX


★リンクテーブル★
リンク元前立腺特異抗原
関連記事前立腺

前立腺特異抗原」

  [★]

prostate specific antigen, prostate-specific antigen, PSA, PA
前立腺前立腺液前立腺癌PAP


概念

LAB.639 OLM.377
  • 前立腺上皮細胞から分泌されるキニン-カリクレインファミリーに属する分子量33~34kDaの糖蛋白で、セリンプロテアーゼの一種である。
  • 精液中に含まれ、精子運動性の亢進および精漿の液状化に関与するといわれている。
  • 一部血中に逸脱するため、血清PSAとして測定することができる。
  • 血液中では10-20%がfree PSAとして存在するが、多くはα1-アンチキモトリプシン(ACT)と結合している。
  • 前立腺癌では総PSAに対するACT-PSA複合体の割合が増加するため、前立腺肥大症との鑑別に有用かもしれない。
  • 前立腺癌の診断や治療経過をみる腫瘍マーカーとして用いられているが、生理的、あるいは他の疾患でも上昇することがある。
  • Tandem-Rキットでの基準値が臨床では良く用いられている、らしい。(ガイドラインにも記載があった気がした)

判定

  • 正常:4ng/ml以下(IRMA法) (参考1)
  • グレーゾーン:4-10 ng/ml
  • 高値:10ng/ml
LAB.640
  • 加齢により増加するため、年齢階層別基準値が定められている。

高値

LAB.639 OLM.377
  • 前立腺癌:腫瘍量とPSAとは正の相関関係にある。
  • 前立腺肥大症:PSA軽度上昇を示す。確定診断には前立腺生検が必要  ←  そこまでする???
  • 尿路・前立腺の炎症:急性前立腺炎
  • 機械的刺激:長時間のサイクリング、前立腺マッサージ、前立腺生検、尿道カテーテル留置、膀胱鏡検査、前立腺手術
  • その他:急性尿閉、射精後

臨床的意義

注意

参考

  • 1. 体外診断用放射性医薬品/タンデム-R free PSA
[display]http://www.yamasa.com/shindan/seihin/freePSA/freepsa.htm%23rinsyou



前立腺」

  [★]

prostate (KL,KH,N,Z), prostate gland
prostata
前位腺摂護腺
  • 図:N.367

解剖

  • くるみ大の大きさ。体積は5ml(??)程度が普通で、大きい場合、前立腺肥大症や前立腺癌などが考えられる
  • 膀胱の直下にある栗の実に似た固い器官
  • 内腺と外腺からなる。現在では、central zone CZ,transitional zone TZ,peripheral zone PZという分け方が一般的。

組織

  • 円柱上皮と立方上皮が2相構造を呈している → 多列円柱上皮? : 前立腺肥大症ではこの構造が保たれ、前立腺癌ではこの構造が乱れる。
  • 30-50個からなる複合管状胞状腺の集合体からなる。(HIS.427)
  • 管状胞状腺の内腔に前立腺石(アミロイド小体)を認める。(HIS.428)

機能 (KL.446)

  • 前立腺液を分泌
  • 特有の臭気を有する乳白色の液で、クエン酸や、デヒドロゲナーゼ、亜鉛を含み、精液の15-30%を構成する。
  • 分泌はジヒドロテストステロンに制御されている(HIS.428)

発生学的な関係 (KH.258,264 N.362,368)

男性 前立腺 尿道腺
(Littre腺)
球尿道腺
女性 尿道腺 小前庭腺
(スキーン腺)
大前庭腺

臨床関連

  • inner, periurethral glandsに見られる。肥大はinner region(central and transitional region)で著明
  • outer region(peripheral) glandsで起こる → 尿路の閉塞は初期に出づらい。


参考

  • 1. 解剖 写真 シェーマ - 前立腺
[display]http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/2d/5d/zr750soyokaze/folder/1188086/img_1188086_27786171_0?1242055767








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡