前房

出典: meddic

anterior chamber ACanterior saccamera anterior bulbi
camera oculi anterior
前眼房



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/24 05:44:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前房水の流れを考慮したコンピュータシミュレーションによるミリ波及び赤外線ばく露時の眼内熱輸送に関する研究 (エレクトロニクスシミュレーション)
  • 佐々木 真央,Chakarothai Jerdvisanop,小池 梓 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(268), 91-96, 2014-10-23
  • NAID 40020268369
  • 前房水の流れを考慮したコンピュータシミュレーションによるミリ波及び赤外線ばく露時の眼内熱輸送に関する研究 (マイクロ波)
  • 佐々木 真央,Chakarothai Jerdvisanop,小池 梓 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(267), 91-96, 2014-10-23
  • NAID 40020267956
  • 前房水の流れを考慮したコンピュータシミュレーションによるミリ波及び赤外線ばく露時の眼内熱輸送に関する研究 (環境電磁工学)
  • 佐々木 真央,Chakarothai Jerdvisanop,小池 梓 [他]
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(266), 91-96, 2014-10-23
  • NAID 40020267553

関連リンク

ホーム → 眼についての病気・基礎知識 → 眼球の構造と役割 → 12. 前房・後房 (ぜんぼう・こうぼう) 角膜と水晶体で囲まれた部分は、虹彩(こうさい)を境に、前面は前房、後面は後房と呼ばれています。中は房水で満たされています。
前房は角膜と虹彩の間、後房は虹彩と水晶体の間をいいます。いずれも房水と呼ばれる... ... 前房・後房と房水 前房は角膜と虹彩の間、後房は虹彩と水晶体の間をいいます。いずれも房水と呼ばれる「水」で満たされています。
世界大百科事典 第2版 前房の用語解説 - ... ... 前房 Tweet 世界大百科事典内の前房の言及 【角膜】より …ヒトの場合,内皮細胞は生後,細胞分裂をしないと考えられ,年齢が加わるに伴い細胞密度は徐々に減少する。

関連画像

図1:前房出血の前眼部写真前房隅角 前房」に入れます。前房とは 前房→線維柱帯→シュレム氏管前房 緑内障、毛様体、前房、隅角


★リンクテーブル★
先読みAC
国試過去問104I071」「098B029」「097A009
リンク元眼房」「前眼房」「camera anterior bulbi」「anterior sac
拡張検索前房蓄膿」「前房蓄膿性虹彩炎」「前房蓄膿性角膜潰瘍」「前房出血」「前房蓄膿性ぶどう膜炎
関連記事

AC」

  [★]


104I071」

  [★]

  • 46歳の女性。今朝からの耳鳴りと両眼の視力低下とを主訴に来院した。5日前から微熱頭痛とが続いている。視力は右0.1(0.8× +3.0D)、左0.08(0.7× +3.5D)。眼圧は両眼とも15mmHg。結膜角膜水晶体および硝子体に異常を認めない。両眼とも前房に細胞を認める。右眼底写真(別冊No.23A)と右蛍光眼底造影写真(別冊No.23B)とを別に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I070]←[国試_104]→[104I072

098B029」

  [★]

  • 24歳の女性。両眼の視力低下を主訴に来院した。3日前から頭痛耳鳴りがあり視力の低下を自覚している。両眼とも矯正視力は0.3である。両眼の前房に細胞を認め、眼圧は左右眼ともに12mmHgである。左眼の眼底写真を以下に示す。右眼の眼底も同様である。
  • 診断に有用な検査はどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 098B028]←[国試_098]→[098B030

097A009」

  [★]

  • 60歳の女性。3年前から徐々に視力が低下したため来院した。視力は右0.6(矯正不能)、左0.5(矯正不能)。両眼ともに眼底に異常はみられない。前眼部の写真を以下に示す。異常がみられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097A008]←[国試_097]→[097A010

眼房」

  [★]

aqueous chamber, eye chamber
眼球虹彩前房


前眼房」

  [★]

anterior chamber (N)
眼球前房



camera anterior bulbi」

  [★]

前眼房前房

anterior chamberanterior sac

anterior sac」

  [★]

前房

anterior chambercamera anterior bulbi

前房蓄膿」

  [★]

hypopyon
前房蓄膿性ぶどう膜炎 hypopyon uveitis



前房蓄膿性虹彩炎」

  [★]

hypopyon iritis
再発性前房蓄膿性虹彩炎


前房蓄膿性角膜潰瘍」

  [★]

hypopyon ulcer
細菌性角膜潰瘍


前房出血」

  [★]

hyphema
hyphaema
前房


前房蓄膿性ぶどう膜炎」

  [★]

hypopyon uveitis
前房蓄膿


房」

  [★]

chambertuft
チェンバーチャンバチャンバー容器




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡