刺毒魚類

出典: meddic

venomous fish stings


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • オコゼ刺症の2例
  • 中村 猛彦,天野 冨紀子,小野 友道
  • 西日本皮膚科 58(6), 981-983, 1996
  • 刺毒魚類のひとつであるオニオコゼによる刺傷例を経験した。 …
  • NAID 130004474264

関連リンク

棘が他の動物に刺さると衝撃で表皮が破れ流出した毒が傷から入る。こういう構造を刺毒装置という。魚類刺毒は、タンパク質なのだが非常に不安定で研究が難しい。 毒の薬理作用としては血圧降下や呼吸障害が知られ、死亡例もある ...
毒魚【どくぎょ】 毒性をもつ魚類の総称。毒腺,毒とげをもつものと,内臓や筋肉に毒をもつものとがある。前者にはひれのとげが毒とげに変化したゴンズイ,ハナオコゼ,ミノカサゴなどや,口蓋に毒腺をもち鋭い歯でかんで害を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡