初回通過効果

出典: meddic

first pass effect, fist-pass effect
肝初回通過効果

*経口投与された薬剤は消化管で吸収された後、門脈を経由して肝臓に到達するが、全身循環に入る前に肝臓で代謝されて除去される。このことを初回通過効果という。

  • ニトログリセリンは初回通過効果により分解されて血中に移行しにくいので、舌下錠による投与がなされる (KH.305)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/15 10:30:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アルコール検査と体内動態 (アルコール依存症)
  • ?瀬 泉,藤宮 龍也
  • 臨床検査 56(13), 1486-1490, 2012-12-00
  • NAID 40019491218
  • 消化管および肝で初回通過効果を受ける薬物のバイオアベイラビリティを経口クリアランスから予測する方法
  • 伊賀 勝美
  • 総合文化研究所紀要 29, 118-131, 2012-00-00
  • NAID 40019427482
  • 経皮吸収型製剤 (特集 外用剤--特性を知って使いこなす) -- (剤形別にみた製剤特性・使い方・患者指導)
  • 篠崎 陽一,北村 正樹
  • 月刊薬事 53(12), 1865-1870, 2011-11-00
  • NAID 40019045201

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事通過」「初回

通過」

  [★]

transitpassagepasspasscrosstransitpass through
移行横断クロス経過継代交差交雑交雑種遷移通すトランジット流路通り抜ける


初回」

  [★]

initial
最初初期初発性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡