切迫早産

出典: meddic

threatened premature delivery
早産trimester


概念

  • 早産(妊娠22-37週)に至る状態
  • 原因は不明だが細菌感染症状によることが多い

症状

  • 不規則で弱い子宮収縮。細菌感染症による発熱

診断

  • 1. 症状から
  • 2. tocolysis index
  • 3. 頚管の状態と子宮収縮から

治療

  • 安静
  • 薬物療法:
  • 絨毛膜羊膜炎の所見があるときは抗生物質の投与
  • 頚管縫縮術:絨毛膜羊膜炎があるときはその治療後

参考

  • 1. 切迫早産 - 日産婦誌59巻11号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5911-664.pdf


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4)硫酸マグネシウムを使用する立場に立って : 硫酸マグネシウム短期単剤療法の効果((2)切迫早産の治療,4)周産期,クリニカルディベート,第63回日本産科婦人科学会学術講演会講演要旨,研修コーナー)
  • 安日 一郎
  • 日本産科婦人科學會雜誌 64(1), "N-21"-"N-25", 2012-01-01
  • NAID 110008913817
  • 3)β刺激薬を使用する立場に立って((2)切迫早産の管理,4)周産期,クリニカルディベート,第63回日本産科婦人科学会 第63回学術講演会生涯研修プログラム,研修コーナー)
  • 高木 健次郎
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(12), "N-186"-"N-190", 2011-12-01
  • NAID 110008799065
  • P-1019 切迫早産に対するミラクリッド膣タンポンの使用経験(一般演題 ポスター発表,妊婦・授乳婦,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 金本 賢枝,阪中 美紀,寺田 智祐,辻 俊一郎,小野 哲男,石川 顕子,井上 貴至,喜多 伸幸,村上 節
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 351, 2011-09-09
  • NAID 110008910484

関連リンク

切迫早産とは「妊娠22週以降37週未満に下腹痛(10分に1回以上の陣痛)、 性器出血 、破水などの症状に加えて、外測陣痛計で規則的な子宮収縮があり、 内診では、子宮 口開大、子宮頸管の展退などが認められ、早産の危険性が高いと考えられる状態( 日本 ...
その他、母親の親族にも切迫早産を経験している人がいるなど遺伝的要素、双子や 三つ子などの多胎妊娠、羊水の異常、妊娠中毒症や生まれつきの子宮の形、母親の 病気や胎盤の位置、胎児自身の異常などさまざまな原因があげられていますが、 生まれる ...
現在、妊娠26週(7ヶ月半ば)の経産婦です。 昨日、切迫早産の診断を受けました。 症状としては、お腹の張り、生理痛 ... hanna777さん、こんにちは。昨年、3人目を切迫 早産しました。 1、入院時は子宮口が開いていたので、このへんのことは ...

関連画像

担当医師切迫早産・切迫流産について☆経膣エコー 画像をクリック ページトップへ戻る早産説明図切迫早産の危機!!切迫早産は胎児に重篤な影響を 今日はハリーが落ち着いてた


★リンクテーブル★
先読みtrimester
国試過去問102A023」「101G002」「099H003」「104A020」「100F001」「104D060」「107D021」「100G052」「105A008」「079A040
リンク元リトドリン」「性器出血」「tocolysis index」「不正性器出血」「絨毛膜羊膜炎
拡張検索切迫早産治療薬
関連記事早産」「切迫

trimester」

  [★]

  • n.
  • トリメスター(妊娠期間の1/3)、三半期、(3学期制の)1学期
妊娠月数 第1月 第2月 第3月 第4月 第5月 第6月 第7月 第8月 第9月 第10月 第11月
妊娠週数 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
trimester 1st trimester 2nd trimester 3rd trimester
妊娠区分 妊娠初期 妊娠中期 妊娠末期
分娩の種類 流産 早産 正期産 過期産
早期流産 後期流産
  • 妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降で定義される。妊娠32週以降が遅発型。それ以前が早発型。
  • 妊娠4ヶ月以上の死産児においては、その死産児の分娩に立ち会った医師は死産証書を作成する。その死産児を検案して異状が認められた場合には24時間以内に所管警察署に届け出なければならない。(SUB12.16,25)
  • 妊娠4ヶ月未満の死産児における法的な書類は?

WordNet   license wordnet

「a period of three months; especially one of the three three-month periods into which human pregnancy is divided」

WordNet   license wordnet

「one of three divisions of an academic year」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「3か月の期間 / (学校で3学期制の)学期」


102A023」

  [★]

  • 40歳の初妊婦。双胎妊娠のため妊娠10週3日に紹介受診となった。外来初診時の超音波検査では、胎児頭殿長<CRL>は30mmと29mm(10週相当)で、1絨毛膜2羊膜双胎と診断した。妊娠17週ころから両児間の推定体重に差を認めるようになり(第1子:180g、第2子:100g)、羊水量にも差を認めるようになった。妊娠17週6日に規則的子宮収縮を主訴に来院し入院となった。意識は清明。身長158cm。体重76kg。体温36.8℃。脈拍96/分、整。血圧138/88mmHg。外診では10~20分間隔の不規則な子宮収縮を認めるが持続性の圧痛は認めない。超音波検査では、胎児推定体重は、第1子210g、第2子120gで体重差は43%である。第1子の羊水深度は90mmであるが他に形態異常は認めない。第2子の羊水深度は8mmで膀胱は描出できないが、他に明らかな形態異常は認めない。子宮頸管長は20mm。外子宮口は閉鎖しているが内子宮口の楔状の開大(funneling)を認める。尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球387万、Hb1O.2g/dl、Ht33%、白血球8,800、血小板9万。血液生化学所見:空腹時血糖87mg/dl、HbA1c4.7%(基準4.3~5.8)、尿素窒素12.Omg/dl、クレアチニン0.4mg/dl、尿酸3.0mg/dl、AST20IU/l、ALT18IU/l、LDH18IU/l(基準176~353)。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102A022]←[国試_102]→[102A024

101G002」

  [★]

  • 37歳の2回経産婦。妊娠28週4日。少量の出血と規則的な腹部緊満感とを主訴に来院した。外子宮口は閉鎖しているが、少量の出血を認める。経膣超音波検査では、内子宮口の漏斗状開大を認め、子宮頸管長は24mmである。胎児心拍数陣痛図で子宮の収縮は当初15分に1回程度であったが、徐々にその間隔は短縮しつつある。胎児は週数相当の発育を示しており、特別な異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球401万、Hb12.0g/dl、Ht36%、白血球16,400、血小板25万。CRP6.9mg/dl。子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ4.4μg/ml(基準1.6以下)。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G001]←[国試_101]→[101G003

099H003」

  [★]

  • 30歳の2回経産婦。分娩は2回とも児頭骨盤不均衡(CPD)のため帝王切開を受けた。妊娠30週3日で少量の性器出血があり、近医から紹介され入院した。内診所見では子宮口未開大。超音波断層検査では胎児の推定体重は1,500gである。入院直後の胎児心拍陣痛図とMRIとを以下に示す。考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099H002]←[国試_099]→[099H004

104A020」

  [★]

  • 30歳の女性。妊娠27週。腹痛を主訴に来院した。超音波断層法で羊水過多症胎児発育遅延とが認められ、さらに胎児心奇形と胎児頭蓋内の異常とを指摘された。内診で子宮ロは2cm開大しており、子宮収縮が3分おきにみられる。出血はなく、破水はしていない。
  • 処置として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A019]←[国試_104]→[104A021

100F001」

  [★]

  • 28歳の女性。妊娠30週から切迫早産で入院し安静臥床を続けていた。5日前に妊娠36週で胎児に遷延一過性徐脈が出現し、緊急帝王切開術を受けた。早朝から左下肢に浮腫が出現し、痛みと灼熱感とを訴えている。悪露は正常、内診で子宮は超手拳大である。腹壁切開創に異常はない。適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100E050]←[国試_100]→[100F002

104D060」

  [★]

  • 24歳の初産婦切迫早産のため入院していた。妊娠35週0日で臍帯脱出のため緊急帝王切開で2,460gの男児を出産した。翌朝、術後初めての歩行直後に呼吸困難、胸痛および気分不良を訴えた。初期検査として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D059]←[国試_104]→[104E001

107D021」

  [★]

  • 生後8時間の新生児。妊娠34週で切迫早産のため入院後直ちに経腟分娩となった。出生体重1,850gで顎が小さい。手指と足底とに特徴的な異常を認める。手指と足の写真(別冊No.3A、B)を別に示す。
  • この児で予想される染色体核型はどれか。
  • a 45,X
  • b 46,XX
  • c 47,XXY
  • d 47,XY,+18
  • e 47,XY,+21



[正答]


※国試ナビ4※ 107D020]←[国試_107]→[107D022

100G052」

  [★]

  • 妊婦で循環血液量が減少するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G051]←[国試_100]→[100G053

105A008」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105A007]←[国試_105]→[105A009

079A040」

  [★]

  • 安静療法が必要なのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

リトドリン」

  [★]

ritodrine
塩酸リトドリン ritodrine hydrochlorideリトドリン塩酸塩
ウテメックウテメナールウテメリン(キッセイ)、ウテロトップウテロンウルペティックピロスデンリトドールリトメリンリメトラークリンドルフルテオニンレキサビン
アドレナリン受容体


作用機序

  • β2受容体刺激薬

薬理作用

  • 子宮収縮抑制

動態

適応

注意

禁忌

ウルペティック錠5mg
  • 強度の子宮出血、子かん、前期破水例のうち子宮内感染を合併する症例、常位胎盤早期剥離、子宮内胎児死亡、その他妊娠の継続が危険と判断される患者[妊娠継続が危険と判断される。]
  • 重篤な甲状腺機能亢進症の患者[症状が増悪するおそれがある。]
  • 重篤な高血圧症の患者[過度の昇圧が起こるおそれがある。]
  • 重篤な心疾患の患者[心拍数増加等により症状が増悪するおそれがある。]
  • 重篤な糖尿病の患者[過度の血糖上昇が起こるおそれがある。また、糖尿病性ケトアシドーシスがあらわれることもある。]
  • 重篤な肺高血圧症の患者[肺水腫が起こるおそれがある。]
  • 妊娠16週未満の妊婦(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者

副作用

  • 頻脈:β1受容体にも若干agonistとして作用する → 禁忌も見る
  • 高アミラーゼ血症、顆粒球減少、横紋筋融解症(筋肉痛、脱力感、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇)
  • 高血糖(β2受容体アゴニストとして作用するため、グリコーゲンが分解される ← インスリンについてはどうなの?

参考

  • 1. ウルペティック錠5mg - 添付文書
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2590004F1265_1_02/2590004F1265_1_02


性器出血」

  [★]

genital bleeding
不正性器出血新生女児性器出血


妊娠初期に見られる性器出血

  • 切迫早産:子宮口未開大。下腹部痛(±)。
  • 進行流産:子宮口開大。下腹部痛(+)。子宮内容物排出が進行
  • 胞状奇胎:子宮大きく軟。hCG高値による強い妊娠悪阻症状
  • 子宮外妊娠胎嚢なし。

妊娠後期に見られる性器出血

  • 前置胎盤:下腹部痛なし
  • 頚管無力症  ←  妊娠の中期以降に性器出血や腹痛を伴わずに頚管が短縮・開大し、胎児が娩出される(NGY.402)。なので性器出血の鑑別に入らないのでは?
  • 切迫早産:下腹部痛(+)(←陣痛)、子宮口やや開大
  • 常位胎盤早期剥離:下腹部痛(++)。板状硬

分娩後に見られる性器出血

  • 弛緩出血
  • 子宮破裂:病的収縮輪を認め、激痛を訴える。胎児ジストレス~胎児心拍の消失。母体の突然のショック。
  • 子宮内反症:臍帯の用手的牽引による。激痛と出血によるショックに陥ることがある。
  • 癒着胎盤
  • 産道裂傷(頚管裂傷):

tocolysis index」

  [★]

早産切迫早産

Baumgartem

項目 0 1 2 3 4
子宮収縮 不規則 規則的 - -
破水 - 高位 - 低位
出血 点状 出血 - -
子宮口開大度 1cm 2cm 3cm ≧4cm


不正性器出血」

  [★]

atypical genital bleeding

定義

  • 生理的な出血(月経、分娩、産褥)以外の性器出血

時期別鑑別疾患

非妊娠時

妊娠期間中

  • 1. 妊娠初期の出血
  • 2. 妊娠中期・妊娠後期の出血

閉経後

  • 老人性膣炎、子宮頚癌、子宮体癌


絨毛膜羊膜炎」

  [★]

chorioamnionitis
絨毛羊膜炎羊膜絨毛膜炎羊膜炎臍帯炎
[show details]

概念

  • 妊娠子宮において腟内細菌の上行性感染により、胎児面の羊膜ならびにその下の絨毛膜に炎症を及ぼす状態。
  • 切迫早産の原因とされているらしい

参考

  • 1. C.産科疾患の診断・治療・管理 13.産科感染症の診断と治療 - 日産婦誌54巻10号
http://www.jsog.or.jp/PDF/54/5410-457.pdf
  • 2. D.産科疾患の診断・治療・管理 18.産科感染症の管理と治療 - 日産婦誌60巻6 号
http://www.jsog.or.jp/PDF/60/6006-117.pdf


切迫早産治療薬」

  [★]

medicine for threatened premature delivery

早産」

  [★]

preterm birth, preterm labor, preterm delivery
premature birth, premature labor, premature delivery, premature obstetric labor
partus praematurus, partus praetemporarius
早期産
切迫早産正期産過期産


定義

  • 妊娠22週以後(22月0日)から37週未満(36週6日)の分娩
  • 37週未満の分娩(WHO)
  • 妊娠22-26週

疫学

  • 早産は全分娩の6-7%ないし5-10%と言われている。

リスク

  • 妊娠分娩既往歴
  • 後期流産、死産、早産、頚管無力症、習慣流産
  • 妊娠時の異常
  • 膣炎・頚管炎、多胎妊娠、子宮筋腫合併妊娠、子宮奇形、感染症(尿路感染、肺炎など)、羊水過多、抗リン脂質抗体症候群
  • 喫煙妊婦

原因

QB.P-236 など

母胎側要因

胎児側要因

  • 胎児ジストレス
  • 高度の子宮内発育遅延
  • その他重篤な胎児異常

予後

  • 妊娠22週での出生では救命率が10%程度、妊娠30週であれば救命率95%。あくまでも目安。


切迫」

  [★]

threatenimminent
脅迫脅かす




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡