分離菌頻度

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 犬猫の各種感染症における分離菌頻度,アンチバイオグラムおよび抗菌薬選択法
  • 宮本 忠,嶋田 恵理子,木村 唯
  • 山口獣医学雑誌 (40), 15-23, 2013-12
  • NAID 40020164581
  • 中耳炎 副鼻腔炎臨床分離菌全国サーベイランス 第1報-中耳炎 副鼻腔炎からの分離菌頻度-

関連リンク

感染症でいう「分離」と「検出」って? 感染症で「起因菌として~が検出された」とか「分離菌の薬剤感受性は」という言葉が良く出てきますが、 患者からまず菌が分離されて、それを調べると起因菌はXXだったというように ...
分離頻度 1 S. epidermidis 12.80% 2 E. coli 10.72% 3 S. aureus (MSSA) 9.56% 4 P. aeruginosa 9.34% 5 S. aureus (MRSA) 8.51% 6 S. agalactiae 8.07% 7 E. faecalis 7.23% 8 K. pneumoniae 3.60% 9 S. marcescens 3.31% 10 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事分離」「頻度」「

分離」

  [★]

separationisolationsegregationdisjunctionseparateisolatesegregatedissociateresolvediscrete
アイソレーションアイソレート解決回復解離隔離絶縁単離分域分解分散偏折別々分ける分別消散別離


頻度」

  [★]

frequencyincidence
回数出現率振動数発生率周波数度数発生頻度


度」

  [★]

degree
温度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2