分離

出典: meddic

separationisolationsegregationdisjunctionseparateisolatesegregatedissociateresolvediscrete
アイソレーションアイソレート解決回復解離隔離絶縁単離分域分解分散偏折別々分ける分別消散別離

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/15 03:51:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 連想記憶と線形分離フィルタを用いたブラインド音源分離
  • 大町 基,小川 哲司,小林 哲則,藤枝 大,片桐 一浩
  • 情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理 2015-SLP-105(4), 1-6, 2015-02-20
  • … 連想記憶と線形分離フィルタを組み合わせることにより,歪が少ない高精度なブラインド音源分離方式を提案する.独立成分分析 (ICA) や独立ベクトル分析 (IVA) のような線形フィルタに基づく音源分離は,歪が少ないという特徴を持つ.しかしながら,ICA,IVA は,音源の独立性や非ガウス性を仮定するため,これが成立しないとき分離性能が劣化する.提案法は,線形 …
  • NAID 110009877336
  • Androidにおける実行中のクラスに基づくパーミッション制御手法
  • 日置 将太,高瀬 拓歩,齋藤 彰一,毛利 公一,松尾 啓志
  • 情報処理学会論文誌 56(2), 720-732, 2015-02-15
  • … ,アプリ開発者が実行中のクラスに基づいてパーミッションを制御するシステムを提案する.提案システムを導入することで,ユーザの判断を求めることなしにホストアプリと外部ライブラリのパーミッションを分離し,それぞれ最小のパーミッションで動作させることが可能となる.AndroidOSに対して提案システムを実装し,評価によって提案システムの導入によるパフォーマンスへの影響が小さく,アプリ開発者への負担も小 …
  • NAID 110009877390
  • コードの編集履歴を用いたプログラム変更の検出
  • 木津 栄二郎,大森 隆行,丸山 勝久
  • 情報処理学会論文誌 56(2), 611-626, 2015-02-15
  • … の2つの版から行差分を抽出する手法が提案されている.しかしながら,単一の差分情報に目的の異なる複数の変更が混ざり合っている場合,これらの手法では変更を適切に分離できない.このため,保守者は混ざり合った変更を人手で分離し,個々の変更内容を推測しなくてはならず,その負担は大きい.本論文では,統合開発環境により記録される編集操作履歴を用いることで,個々のプログラム変更を自動検 …
  • NAID 110009877376

関連リンク

岩石学辞典 分離の用語解説 - 固体岩石が部分的に熔融した場合には,熔融した部分は鉱物粒の間を埋めた状態となる.これらの小さい液滴が濃集して次第に大きなマグマ塊が形成されるためには,細かい熔融部分が母体から ...
分離の意味は?goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。国語辞典、英和辞典、和英辞典、類語辞典、中国語辞典、百科事典などを提供しています。 ... 分離集落 分離集落(ぶんりしゅうらく)と訳される ...
IHIは分離機・ろ過機・脱水機のトータルソリューションサプライヤーです。スクリュウデカンタ形遠心分離機、ギナ連続遠心分離機、多重円板脱水機、ベルトプレス脱水機、IHI-リーフフィルタ、IHI-FUNDABACフィルタ等さまざまな ...

関連画像

分離夜、緩緩的落下來了‧‧‧‧ .one day 有 一天 - 分離然後相遇断裁分離のクライムエッジ アンプ分離型圧力センサ 分離」に関する画像一覧

添付文書

薬効分類名

  • ワクチン・トキソイド混合製剤

販売名

沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン「北里第一三共」シリンジ

組成

製法の概要

  • 本剤は、百日せき菌I相菌(東浜株)の培養液を硫安分画法、蔗糖密度勾配遠心分画法などの物理化学的方法で感染防御抗原画分を抽出、分離、精製したのち、残存する毒性をホルマリンで減毒した防御抗原を含む液と、ジフテリア菌(Park-Williams No.8株)及び破傷風菌(Harvard株)の産出する毒素をそれぞれ精製濃縮し、ホルマリンでトキソイド化したジフテリアトキソイド及び破傷風トキソイドを混合したものに、アルミニウム塩を加えて不溶性としたものである。
    なお、本剤は製造工程でウシの乳由来成分(カザミノ酸、ペプトン、スキムミルク)、ウマの血液由来成分(血清、脱繊維素血液)、及びヒツジの血液由来成分(血清)を使用している。

組成

  • 本剤は、0.5mL中に下記の成分・分量を含有する。

有効成分

  • 百日せき菌の防御抗原 4単位以上
    ジフテリアトキソイド 15Lf以下(23.5単位以上)
    破傷風トキソイド 2.5Lf以下(13.5単位以上)

不活化剤

  • ホルマリン(ホルムアルデヒド換算) 0.05mg以下

緩衝剤

  • リン酸水素ナトリウム水和物 0.35mg
    リン酸二水素ナトリウム 0.40mg

等張化剤

  • 塩化ナトリウム 4.25mg

アジュバント

  • 水酸化ナトリウム 0.21mg
    リン酸三ナトリウム 0.81mg
    塩化アルミニウム 0.90mg

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • 本剤は、百日せき、ジフテリア及び破傷風の予防に使用する。

○初回免疫

  • 通常、1回0.5mLずつを3回、いずれも3〜8週間の間隔で皮下に注射する。

○追加免疫

  • 通常、初回免疫後6箇月以上の間隔をおいて、(標準として初回免疫終了後12箇月から18箇月までの間に)0.5mLを1回皮下に注射する。

一般的注意

  • 予防接種法に基づく、ジフテリア、百日せき及び破傷風の第1期の予防接種は、本剤により同時に行うことを原則とする。

接種対象者・接種時期

  • 本剤の接種は生後3月から90月までの間にある者に行うが、初回免疫については、標準として生後3月から12月までの者に、追加免疫については、標準として初回免疫終了後12月から18月を経過した者に接種すること。なお、被接種者が、保育所、幼稚園等の集団生活に入る場合には、その前に接種を完了することが望ましい。

他のワクチン製剤との接種間隔

  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 本剤の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

  • まれにショック、アナフィラキシー様症状(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

急性血小板減少性紫斑病

  • まれに(1000万人接種あたり1人程度)急性血小板減少性紫斑病があらわれることがある。通常、接種後数日から3週ごろに紫斑、鼻出血、口腔粘膜出血等があらわれる。本症が疑われる場合には、血液検査等の観察を十分に行い、適切な処置を行うこと。

脳症

  • 脳症があらわれることがある。接種後、発熱、四肢麻痺、けいれん、意識障害等の症状があらわれる。本症が疑われる場合には、MRI等で診断し、適切な処置を行うこと。

けいれん

  • けいれんがあらわれることがある。通常、接種直後から数日ごろまでにけいれん症状があらわれる。本症が疑われる場合には、観察を十分に行い、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 百日せき、ジフテリア及び破傷風を予防するためには、生体内にあらかじめ各々の感染防御抗原に対する血中抗体が一定(感染防御レベル)以上産生されている必要がある。
    百日せきは罹患小児の回復期血清で、抗PT抗体及び抗FHA抗体をELISA法により測定した結果から、両抗体共少なくとも10EU(ELISA単位)以上が血中に存在すればよいと考えられている。3)
    ジフテリアに対する感染防御は、0.01IU(国際単位)/mLの抗毒素(抗体)が、また破傷風に対する感染防御は、0.01IU/mLの抗毒素がそれぞれ血中に存在すればよいと考えられている。4) 5)
    沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチンを2回接種後4週間すると、一時的に百日せき、ジフテリア、及び破傷風、いずれも前述の防御レベル以上の抗体価が得られるが、含まれる抗原成分が不活化されたものであるため、漸次各々の抗体価は低下する。したがって、それ以後少なくとも数年にわたり、感染防御効果を持続(抗体価レベルの維持)するためには、初回免疫及び追加免疫が必要である。


★リンクテーブル★
先読みseparate」「resolve」「segregate」「isolate」「discrete
リンク元血糖降下薬」「separation」「解離」「segregation」「isolation
拡張検索壊死巣分離」「分離可能」「分離ひずみ

separate」

  [★]

  • v.
  • 分離する、分別する、分ける、別々の
differentdifferentlydiscretedisjunctiondissociatedistinctdividefractionalfractionateisolateisolationresolvesegregatesegregationseparatelyseparationsort

WordNet   license wordnet

「separated according to race, sex, class, or religion; "separate but equal"; "girls and boys in separate classes"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》 / (…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》 / 〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》 / (…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》 / 『離れた』,分かれた / (関係がなく)別の,異質な(different) / 個々の,個別の(individual)」

WordNet   license wordnet

「a garment that can be purchased separately and worn in combinations with other garments」

WordNet   license wordnet

「force, take, or pull apart; "He separated the fighting children"; "Moses parted the Red Sea"」
disunite, divide, part

WordNet   license wordnet

「act as a barrier between; stand between; "The mountain range divides the two countries"」
divide

WordNet   license wordnet

「make a division or separation」
divide

WordNet   license wordnet

「come apart; "The two pieces that we had glued separated"」
divide, part

WordNet   license wordnet

「go one''s own way; move apart; "The friends separated after the party"」
part, split

WordNet   license wordnet

「discontinue an association or relation; go different ways; "The business partners broke over a tax question"; "The couple separated after 25 years of marriage"; "My friend and I split up"」
part, split up, split, break, break up

WordNet   license wordnet

「divide into components or constituents; "Separate the wheat from the chaff"」

WordNet   license wordnet

「independent; not united or joint; "a problem consisting of two separate issues"; "they went their separate ways"; "formed a separate church"」


resolve」

  [★]

  • v.
  • 解決する、回復させる、分解する、分離する、消散する
ameliorateameliorationbreakdowncatabolizecatabolizedcrackdecomposedecompositiondegradationdegradedisassembledisassemblydiscretedisintegratedisintegrationdisjunctiondissociateisolateisolationrecoverrecoveryrecuperateregainresolutionrestitutionrestorationrestorereturnreversalsegregatesegregationseparateseparationsettlesolutionsolveunravel

WordNet   license wordnet

「make clearly visible; "can this image be resolved?"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'『決心する』,『決意する』 / 〈問題・疑惑など〉‘を'『解決する』,解明する,解く / 〈議会などが〉…‘を'議決する,票決する / (構成要素に)…‘を'分解する《+『名』+『into』+『名』》 / (…を)『決定する』,『決心する』《+『on』(『upon』,『against』)+『名』(do『ing』)》 / (…に)『分解する』《+『into』+『名』》 / 〈U〉《文》強固な意志,分屈 / 〈C〉決心,決意」

WordNet   license wordnet

「find the solution; "solve an equation"; "solve for x"」
solve


segregate」

  [★]

  • v.
  • (遺伝的に)分離する、隔離する
discretedisjunctiondissociateisolateisolationresolvesecludesegregationseparateseparationsequestersequestration

WordNet   license wordnet

「separate or isolate (one thing) from another and place in a group apart from others; "the sun segregates the carbon"; "large mining claims are segregated into smaller claims"」

WordNet   license wordnet

「someone who is or has been segregated」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'分離する;〈患者など〉‘を'隔離する / 〈特定の宗派・人種・社会団体など〉‘を'差別する,差別待遇する / 分かれる,分離する / (特に人種で)差別する」

WordNet   license wordnet

「divide from the main body or mass and collect; "Many towns segregated into new counties"; "Experiments show clearly that genes segregate"」

WordNet   license wordnet

「separate by race or religion; practice a policy of racial segregation; "This neighborhood is segregated"; "We don''t segregate in this county"」


isolate」

  [★]

  • v.
  • 単離する、分離する、(電気)絶縁する
discretedisjunctiondissociateinsulateinsulationisolationresolvesegregatesegregationseparateseparation

WordNet   license wordnet

「separate (experiences) from the emotions relating to them」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》」

WordNet   license wordnet

「place or set apart; "They isolated the political prisoners from the other inmates"」
insulate

WordNet   license wordnet

「obtain in pure form; "The chemist managed to isolate the compound"」


discrete」

  [★]

  • adj.
  • 分離性の
  • 分離した、別々の
  • 別々の、分離した、分散した
differentdifferentlydisjunctiondispersaldispersedispersiondissociatedistinctintersperseisolateisolationresolvesegregatesegregationseparateseparatelyseparationvariance

WordNet   license wordnet

「constituting a separate entity or part; "a government with three discrete divisions"; "on two distinct occasions"」
distinct

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「別個の,個々の」


血糖降下薬」

  [★]

hypoglycemics
hypoglycemic agentantidiabetic agentantidiabetic drugantidiabeticsglucose-lowering agenthypoglycemichypoglycemic drughypoglycemics
[[]]



投稿記事

k氏より

歴史

インスリンの抽出は大変意図的に行われたのに対し、スルフォニルウレア薬(SU)は偶然に見つかりました。で、1950年代にはじめに二型糖尿病患者に使われるようになりました。いまでは20種類くらいのSUが広く世界で使われています。 1997にはメグリチニドが臨床適用されました。食後高血糖治療薬としてはじめて使用された薬です。 メタフォルミンというビグアナイド薬(BG)は、ヨーロッパで広く使われていましたが、1995年にアメリカでも認可されました。 チアゾリジン1997年に市場導入され、二番目にメジャーインスリン刺激薬として使用されています。この種類の薬には、広汎肝障害を起こしにくく、世界中で使われています。

スルフォニルウレア薬 SU

作用機序

膵臓のβ細胞刺激によって、インスリン放出させ、血糖値を下げます。 治療が長引くと、インスリン分泌というSUβ細胞刺激性の効果が薄れてきますが、β細胞上のSU受容体ダウンレギュレーションによるものです。また、SUソマトスタチン放出刺激します。ソマトスタチングルカゴン分泌抑制しているので、これも関係SUの糖を下げる効果と関係しています。 SUはATP感受性Kチャンネルを抑制します。Kレベルが下がると、まく表面における、脱分極を促し、電位依存性カルシウムチャンネルを通じたカルシウムイオン流入促進します。 SUには無視できない膵臓作用があるという議論があります。確かにありうべきことですが、2型糖尿病患者治療においては、それほど重要なことではないようです。

ADME

SU薬はそれぞれが似たような作用スペクトラムを持っているので、薬物動態的な特性がここの薬を区別する手がかりです。腸管からのSU薬の吸収割合は薬によって違いますが、食物や、高血糖は、この吸収抑制します。高血糖はそれ自身、腸管運動抑制するので、ほかの薬の吸収阻害します。血漿濃度効果的な値にまで達する時間を考えると、半減期の短いSUは、食前三十分に投与するのが適切です。SU薬は90から99パーセントくらい血中たんぱく質と結合し、特にアルブミン結合します。 第一世代SU半減期分布において、大きく違っています。この半減期作用時間不一致理由はいまだはっきりしていません。 SUはすべて肝臓代謝を受け、尿中に排泄されます。なので、肝不全腎不全患者には要注意で処方します。

adverse effect

めったにありませんが、第一世代服用患者では、4パーセント割合でおきます。第二世代ではもっと少ないでしょう。低血糖による昏睡がしばしば問題になります。腎不全肝不全がある高齢者患者でおきやすいです。 重症低血糖脳血管障害も起こしうる。急性神経障害が見つかった高齢患者では血中グルコースレベルを測るのが大事です。半減期の長いSUもあるので、24から48時間グルコース輸液します。 第一世代は多くの薬物と相互作用を持っています。 ほかに、吐き気嘔吐、胆汁うっ滞性黄疸、脱顆粒球症、再生不良性溶血性貧血全身性アレルギー症状があります。 SU心血管障害による死亡率を上げるのかについては議論余地あり。

治療的使用

SUは、食事療法だけでは十分コントロールを得られない2型糖尿病患者血糖コントロールに用いられます。禁忌type 1 DM(diabetes mellitus:糖尿病)、妊婦授乳中患者腎障害肝障害患者です。 普通患者なら五割から八割くらい、経口糖尿病治療薬が効きます。インスリン療法必要になる患者もいます。 トルブタマイドの一日量は500ミリグラムで、3000ミリグラム最大の許容量です。SU治療成績の評価患者様子頻繁観察しながら、行います。 SUインスリン併用療法type 1, type 2 両方糖尿病で用いられていますが、βセルの残存能力がないとうまくいきません。

レパグリニド

レパグリニドはメグリチニドクラスの経口インスリン分泌促進物質です。化学構造上、SUとは異なっており、安息香酸から分離されたものです。 SU薬と同様にレパグリニド膵臓βセルにおけるATP依存性Kチャンネルを閉じることによりインスリン分泌促進します。AEもSU薬と同様、低血糖です。

ナテグリニド

Dふぇにるアラニンから分離された薬。レパグリニドよりもSEとして低血糖が認められづらいです。

ビグアナイド

メトフォルミンとフェノフォルミンは1957年に市場導入され、ブフォルミンが1958年に導入されました。ブフォルミンは使用が制限されていますが、前者二つは広く使われています。フェノフォルミンは1970年代乳酸アシドーシスのAEによって市場から姿を消しました。メトフォルミンはそのようなAEは少なく、ヨーロッパカナダで広く使われています。アメリカでは1995年に使用可能に。メトフォルミンは単独SU併用して使われます。

作用機序

ものの言い方によると、メトフォルミンは抗高血糖であって、血糖を下げる薬ではありません。膵臓からのインスリン放出は促さないので、どんな大容量でも低血糖は起こしません。グルカゴンコルチゾール成長ホルモンソマトスタチンにも影響なし。肝での糖新生抑制したり、筋や脂肪におけるインスリンの働きを増すことで、血糖を押さえます。

ADME

小腸から吸収安定構造で、血中蛋白結合しないで、そのまま尿中に排泄半減期は二時間。2.5グラム食事一緒に飲むのがアメリカで最もお勧めの最大用量。

adverse effect=

メトフォルミンは腎不全患者には投与しないこと。肝障害や、乳酸アシドーシス既往薬物治療中の心不全低酸素性慢性肺疾患なども合併症として挙げられる。乳酸アシドーシスはしかしながら、めちゃくちゃまれである。1000人年(たとえば100人いたら、10年のうちにという意味単位。または1000人いたら1年につき、ということ。)につき0.1という割合。 メトフォルミンの急性のAEは患者の20パーセントに見られ、下痢腹部不快感、吐き気、金属の味、食欲不振などです。メタフォルミンを飲んでいる間はビタミンB12葉酸のきゅうしゅうが 落ちています。カルシウムをサプリで取ると、ビタミンB12吸収改善されます。 血中乳酸濃度が3ミリMに達するとか、腎不全肝不全兆候が見られたら、メタフォルミンは中止しましょう。

チアゾリジン

作用機序

PPARγに効く。(ペルオキシソーム・プロライファレーター・アクチベイティッド・受容体、つまりペルオキシソーム増殖活性受容体みたいな。)PPARγに結合して、インスリン反応性をまして、炭水化物とか、脂質代謝調整します。

ADME

ロジグリタゾンとピオグリタゾンは一日一度。チアゾリジンは肝にて代謝され、腎不全のある患者にも投与できますが、活動性肝疾患があるときや肝臓トランスアミナーゼ上昇しているときは、使用しないこと。 ロジグリタゾンはCYP2C8で代謝されますがピオグリタゾンCYP3A4とCYP2C8で代謝されます。ほかの薬との相互作用や、チアゾリジン同士の相互作用はいまだ報告されていませんが、研究中です。

adverse effect

ピオグリタゾンとロジグリタゾンは肝毒性とはめったに関係しませんが、肝機能モニターする必要があります。心不全のある患者はまずそちらを治療してから。

αGI(グルコシダーゼ・インヒビター)

αGI小腸刷子縁におけるαグルコシダーゼの働きを阻害することによって、でんぷんデキストリン・ダイサッカリダーゼの吸収抑制します。 インスリンを増やす作用はないので、低血糖もおきません。吸収がよくない薬なので、食事開始一緒に飲むとよいです。 アカルボースミグリトールは食後高血糖抑制に使われます。 αGIは用量依存性に、消化不良ガス膨満下痢などをきたします。αGIインスリン併用中に低血糖症状が出たら、、グルコース補充します。

GLP1(グルカゴンペプチド)

経口から、グルコース静脈を通ると、インスリンが上がることがわかっていました。消化管上部からはGIP、消化管下部からはGLP1というホルモンが出ていて、糖依存性インスリン放出を促していることがわかりました。これらのホルモンインクレチンといわれています。この二つのホルモンは別の働き方でインスリン放出促進します。GIPはtype 2 DMではインスリン分泌促進する能力がほとんど失われています。一方GLP1は糖依存性インスリン分泌を強く促しています。つまりtype 2 DM治療ではGIPをターゲットにすればよいということになります。GLPグルカゴン抑制し。空腹感を押さえ、食欲を抑えます。体重減少実現できます。この長所相殺するように、GLP1は迅速DPPIV(ヂペプチジルペプチダーゼ4エンザイム)によって負活化されます。つまり、GLP1を治療に使うなら、連続的に体に入れなければなりません。GLP1受容体アゴニスト研究され、これはDPPIVにたいして抵抗性があります。 そのほかのGLP1療法アプローチに仕方としては、DPPIVプロテアーゼ不活性化で、それによってGLP1の循環量を増やそうとするものです。type 2 DM治療に新しい薬がでるかもしれないですね。


separation」

  [★]

  • n.
discretedisjunctiondissociatedivorcedivorcedfractionalfractionateisolateisolationresolvesegregatesegregationseparatesort

WordNet   license wordnet

「the state of lacking unity」

WordNet   license wordnet

「coming apart」
breakup, detachment

WordNet   license wordnet

「the space where a division or parting occurs; "he hid in the separation between walls"」

WordNet   license wordnet

「the termination of employment (by resignation or dismissal)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》 / 〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居」

WordNet   license wordnet

「sorting one thing from others; "the separation of wheat from chaff"; "the separation of mail by postal zones"」

WordNet   license wordnet

「the act of dividing or disconnecting」

WordNet   license wordnet

「the social act of separating or parting company; "the separation of church and state"」


解離」

  [★]

dissociationdissectiondetachmentunbindingmacerationdissociate
解体解剖精査切開脱離剥離分離解離性障害郭清浸軟結合解除ダイセクション解離反応遁走

精神医学

PSY.53
  • 自我の同一性の障害により出現。
  • 不安にさらされて圧倒されると心理的防衛機制が働き、適応不能に陥られないようにする。
  • 心因性の健忘遁走ガンザー症候群、小児症、多重人格などで見られる。
KPS.222
  • 情動的苦悩を避けるために、自分の人格・独自性を、一時的かつ徹底的に一部変更すること。
  • 遁走、ヒステリー転換反応はよく見られる解離の現象。
  • 対抗恐怖的振る舞い、解離性同一性障害、薬物使用による高揚感、宗教的歓喜などでも見られる

参考

  • 1. 解離症状の実例
[display]http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/dissociation_example.htm
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%9B%A2_%28%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%29



segregation」

  [★]

  • n.
discretedisjunctiondissociatedomaingender biasisolateisolationprejudiceracismresolvesecludesegregateseparateseparationsequestersequestrationsex bias

WordNet   license wordnet

「(genetics) the separation of paired alleles during meiosis so that members of each pair of alleles appear in different gametes」

WordNet   license wordnet

「a social system that provides separate facilities for minority groups」
separatism

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「分離(隔離,差別)すること(された状態) / (特に黒人に対する)人種差別」

WordNet   license wordnet

「the act of segregating or sequestering; "sequestration of the jury"」
sequestration

isolation」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「(psychiatry) a defense mechanism in which memory of an unacceptable act or impulse is separated from the emotion originally associated with it」

WordNet   license wordnet

「a state of separation between persons or groups」

WordNet   license wordnet

「the act of isolating something; setting something apart from others」
closing off

WordNet   license wordnet

「a country''s withdrawal from international politics; "he opposed a policy of American isolation"」

WordNet   license wordnet

「a feeling of being disliked and alone」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「孤立;隔離,分離」


壊死巣分離」

  [★]

sequestration
隔絶隔離


分離可能」

  [★]

separableseparably

分離ひずみ」

  [★]

segregation distortion




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡