分泌成分

出典: meddic

secretory component SC
S成分 S component分泌片 secretory piece輸送片 transport piece、多量体免疫グロブリン受容体 polymeric immunoglobulin receptor
分泌因子分泌片
[show details]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 63.悪性リンパ腫との鑑別を要した神経内分泌成分を伴った原発不明の低分化癌の1例(第78回日本肺癌学会関西支部会)
  • 水野 陽花,福岡 和也,福岡 篤彦,大屋 修一,武田 真幸,濱田 薫,木村 弘,山本 泰弘
  • 肺癌 43(6), 772, 2003-10-20
  • NAID 110003105411
  • トゲダニ亜目イトダニ科の分泌成分(一般講演)(第11回日本ダニ学会大会講演要旨(福井大会))
  • ラット唾液腺におけるsIgAの分泌特性
  • 木山 純子
  • 歯科基礎医学会雑誌 42(4), 302-314, 2000-08-20
  • NAID 110003163533

関連リンク

分泌型IgA。J鎖を介して2分子のIgGが結合し、それに対してさらに分泌成分(SC)が 結合している。 1.重鎖(H鎖) 2.軽鎖(L鎖) 3.J鎖 4.SC. 粘膜は常時抗原や微生物にさら されており、これらから粘膜面を防御する局所免疫機構が存在する。これを粘膜免疫 防御 ...
IgA抗体は血清中にも存在し、その多くが分子量約17万の単量体であるが、粘膜面に 存在するIgA抗体は分泌型IgAと呼ばれ、J鎖(joining chain)によって結びつけられた2 量体のIgAにpolymeric Ig receptor (Poly-IgR)の分泌成分(secretary component:SC ) ...
2011年1月21日、速効型インスリン分泌促進薬のレパグリニド(商品名シュアポスト錠 0.25mg、同錠0.5mg)が製造承認を取得した。適応は「2型糖尿病における食後血糖 推移の改善」だが、(1)食事療法・運動療法のみ、(2)食事療法・運動療法に加えてα- ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みS component」「polymeric immunoglobulin receptor
リンク元多量体免疫グロブリン受容体」「SC
関連記事成分」「分泌

S component」

  [★]

secretory component, S component, SC
分泌片
poly Ig receptor, poly Ig receptor
分泌型IgAIgA


polymeric immunoglobulin receptor」

  [★]

poly-lg receptor
poly-lg receptor


多量体免疫グロブリン受容体」

  [★]

polymeric immunoglobulin receptor pIgR
多量体免疫グロブリンレセプター
分泌成分


SC」

  [★]


成分」

  [★]

  • n.
エレメント基本元素構成構成成分組成部分要素コンポーネント構成物構成要素


分泌」

  [★]

secretion







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡