分泌型IgA

出典: meddic

secretory IgA, sIgA
分泌抗体IgA secretory antibody IgA, S IgA
IgAサブクラスIgA



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 運動と食品 (特集 上気道感染症を科学する) -- (民間療法,予防方法に効果はあるか)
  • ④腸管免疫と腸内細菌の密接な関わり合い
  • インフルエンザ感染におけるマクロライドの粘膜免疫増強効果 (特集 マクロライド研究の新展開)

関連リンク

免疫グロブリンA, IgA(Immunoglobulin A) 臨床的意義 免疫グロブリンA(IgA)は分子量約17万の糖蛋白で、糖質を8%含み、heavy chainが2種類(α1、α2)存在してIgA1、IgA2の2つのサブクラスの区別がある。IgAの特徴は ...
本検査は次の場合に行われる. ①IgA濃度は正常範囲であるが,反復性の感染が認められるとき. ②副鼻咽腔・気道の感染,および胃腸の障害を起こしやすいとき:分泌型IgA欠損症では気道,胃腸の侵される場合が多い.分泌型IgAは ...

関連画像

 的分泌型IgAの誘導メカニズムIgA 分泌型IgAは2つのIgAが結合 IGA分泌 型 iga 介 导 的 黏膜 免疫型 免疫グロブリン a 分泌 型 iga 分泌型IgAについて


★リンクテーブル★
リンク元S component
拡張検索分泌型IgA欠損症
関連記事IgA」「I」「」「分泌型」「Ig

S component」

  [★]

secretory component, S component, SC
分泌片
poly Ig receptor, poly Ig receptor
分泌型IgAIgA



分泌型IgA欠損症」

  [★]

secretory IgA deficiency


IgA」

  [★]

immunoglobulin A
免疫グロブリンA γA gamma A
免疫グロブリン Ig


概念

  • 免疫グロブリンクラスの1つ。

基準値

  • 110-410 mg/dl (臨床検査法提要第32版)

臨床関連



I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型


分泌型」

  [★]

secretory, secretor
SEシステム
分泌性



Ig」

  [★] 免疫グロブリン immunoglobulin




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡