分泌タンパク質

出典: meddic

secretory protein
分泌タンパク分泌型タンパク質分泌性タンパク質分泌性蛋白質分泌蛋白質分泌蛋白

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • トランスレーショナルリサーチに向けた病理学的研究?消化管がんの新規診断マーカー・治療標的の同定
  • 大上 直秀,仙谷 和弘,坂本 直也,安井 弥
  • 日本薬理学雑誌 137(3), 146-149, 2011
  • … がん細胞特異的に存在し,全身正常組織に存在しない分子は,分泌タンパク質であれば血清腫瘍マーカーとして,細胞表面タンパク質であれば治療の標的分子として期待される.著者らの研究室では,SAGE法・CAST法を用いて消化管がん,特に胃がんに特異性の高い遺伝子の探索を行っている.SAGE法から同定された胃がんに特異性の高い遺伝子はREG4,OLFM4,MIA,MMP10,DKK4 等で,REG4 遺伝子がコードするReg IV,OLFM4 …
  • NAID 130000654867
  • 分泌タンパク質にジスルフィド結合を形成する仕組み : ジスルフィド結合形成反応中間体の検出

関連リンク

抗体産生促進因子を考える上で、動物細胞のタンパク質合成、特に分泌タンパク質の合成メカニズムを理解する必要がある。真核細胞においては、核内でDNAからmRNAへの転写が起こり、mRNA は細胞質に運搬される。細胞質に運ばれた ...
物質の分泌に関係している主な細胞小器官はゴルジ体であるが、分泌においても細胞小器官どうしが連携し、はたらいている。動物の分泌細胞では、粗面小胞体に結合したリボソームでつくられたタンパク質のうち、あるものは小胞体 ...

関連画像

Pasted Graphic 4病原性分泌タンパク質候補を に不溶化 しているタンパク質  合成されたタンパク質の行方図1 タンパク質の分泌経路と の活性は分泌タンパク質


★リンクテーブル★
リンク元分泌蛋白」「分泌蛋白質」「分泌性蛋白質」「分泌型タンパク質」「分泌性タンパク質
拡張検索神経内分泌タンパク質7B2」「精嚢分泌タンパク質」「精巣上体分泌タンパク質」「前立腺分泌タンパク質
関連記事分泌タンパク」「」「分泌

分泌蛋白」

  [★]

secretory protein
分泌タンパク質分泌タンパク分泌型タンパク質分泌性タンパク質分泌性蛋白質分泌蛋白質

分泌蛋白質」

  [★]

secretory protein
分泌タンパク質分泌タンパク分泌型タンパク質分泌性タンパク質分泌性蛋白質分泌蛋白


分泌性蛋白質」

  [★]

secretory protein
分泌タンパク質分泌タンパク分泌型タンパク質分泌性タンパク質分泌蛋白質分泌蛋白


分泌型タンパク質」

  [★]

secretory protein
分泌タンパク質分泌タンパク分泌性タンパク質分泌性蛋白質分泌蛋白質分泌蛋白


分泌性タンパク質」

  [★]

secretory protein
分泌タンパク質分泌タンパク分泌型タンパク質分泌性蛋白質分泌蛋白質分泌蛋白


神経内分泌タンパク質7B2」

  [★]

neuroendocrine secretory protein 7B2


精嚢分泌タンパク質」

  [★]

seminal vesicle secretory protein

精巣上体分泌タンパク質」

  [★]

epididymal secretory protein


前立腺分泌タンパク質」

  [★]

prostatic secretory protein


分泌タンパク」

  [★]

secretory protein
分泌タンパク質分泌型タンパク質分泌性タンパク質分泌性蛋白質分泌蛋白質分泌蛋白


質」

  [★]

quality
品質


分泌」

  [★]

secretion







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡