分子遺伝学

出典: meddic

molecular geneticsmolecular genetic
分子生物分子遺伝学的生化学的遺伝学


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/06 03:13:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 症例報告 メチル酸イマチニブによる分子遺伝学的大寛解後に真性赤血球増加症を併発した慢性骨髄性白血病
  • 定免 渉,黒田 裕行,吉田 正宏 [他]
  • 臨床血液 55(3), 360-365, 2014-03
  • NAID 40020038366
  • 教育講演(第67回東邦医学会総会) 細胞周期の分子遺伝学的解析 : 分裂酵母を用いた研究
  • 三宅 早苗
  • 東邦医学会雑誌 = Journal of Medical Society of Toho University 61(2), 92-94, 2014-03
  • NAID 40020036746
  • 第67回東邦医学会総会 教育講演:細胞周期の分子遺伝学的解析:分裂酵母を用いた研究
  • 三宅 早苗
  • 東邦医学会雑誌 61(2), 92-94, 2014-03
  • 総説細胞周期には,DNA複製を行うS期と細胞分裂を行うM期とがあり,その前にそれぞれG1期とG2期とが存在する.細胞周期が1周回るごとに細胞は倍加する.細胞が分裂して増加することは,成長の基本である.また,発生や再生の基本でもあり,これらのメカニズムを明らかにすることはがんを理解するうえでも非常に重要である.細胞周期の解析には数々の生物種が用いられてきたが,単細胞の真核生物である酵母も大きな貢献を …
  • NAID 120005419020

関連リンク

近年、様々な生物種において標的遺伝子を改変する技術として、人工ヌクレアーゼを利用した“ゲノム編集”が注目されています。人工ヌクレアーゼは、DNAに特異的に結合するドメインと、制限酵素のDNA切断ドメインを連結させた人工酵素で ...
所在地: 〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1 Tel: 029-836-9031(主任研究員)-5266(分子生物学/マウスグループ)-9003(ショウジョウバエグループ) Fax: 029-836-9030 連絡先: 石井 俊輔 E-mail:sishii@rtc.riken.jp

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読みmolecular genetic」「molecular genetics
リンク元分子生物」「生化学的遺伝学
拡張検索分子遺伝学的」「臨床分子遺伝学
関連記事遺伝」「分子

molecular genetic」

  [★]

  • 分子遺伝学的な、分子遺伝学の
molecular genetics


molecular genetics」

  [★]

See also Recombinant DNA/recombinant DNA technology


分子生物」

  [★]

molecular biology
分子遺伝学分子生物学生化学的遺伝学

生化学的遺伝学」

  [★]

biochemical genetics
分子遺伝学分子生物

分子遺伝学的」

  [★]

molecular genetic
分子遺伝学

臨床分子遺伝学」

  [★]

clinical molecular genetics

遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


分子」

  [★]

  • n.
分子的、モル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡