分娩第1期

出典: meddic

first stage of labor
分娩開口期開口期, open period, period of dilation分娩第一期


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • O1-096 分娩第1期の経過を示す3つの指標の分娩事例への適合性の検討(分娩1,一般口演)
  • 三田 真琴,日野 真莉絵,野口 真貴子
  • 母性衛生 54(3), 216, 2013-10-04
  • NAID 110009731281
  • P1-025 分娩第1期初産婦へのタクティールケアの導入 : リラクゼーション効果の検証(Group2 分娩,ポスターセッション)
  • 鳥谷 ひろ美,井脇 直美,藤岡 佑香
  • 母性衛生 53(3), 231, 2012-11-16
  • NAID 110009608878
  • O1-035 分娩第1期のケアにおける産婦の受け止め方と助産師の意識の違い : 産婦が印象に残っている場面に着目して(助産師3,一般口演)
  • 迫 利枝,小林 絵里子,佐藤 香代
  • 母性衛生 53(3), 142, 2012-11-16
  • NAID 110009608619

関連リンク

分娩第1期とは規則的な陣痛が始まってから子宮口が全開になるまでの数時間です。 陣痛が軽いうちは自由に過ごし食事も軽く食べておきましょう。 ベッドに横になっている 必要もなく階段などをゆっくり歩くと効果的。 子宮口が開いてくるにつれ陣痛室、分娩室 ...
). 人間のお産の満期産は妊娠37週から42週未満である。この頃になると子宮収縮は 徐々に周期的に収縮に痛みが伴い始める(「産気づく」)。最初は、間歇的に突っ張る 程度だったのが、だんだん強度と頻度を増していく。

関連画像

分娩分娩期分娩第二期分娩1期子宫颈的变化 になったら分娩が開始される分娩第二期


★リンクテーブル★
先読み分娩開口期」「period of dilation
国試過去問100G053」「096G051」「105D017」「080A049」「105B012
リンク元フリードマン曲線」「児頭の固定
関連記事分娩

分娩開口期」

  [★]

period of dilation
開口期

period of dilation」

  [★]

open period


100G053」

  [★]

  • a. 骨盤入口面は横径より前後径が長い。
  • b. 児頭の第1回旋では顎は胸に近づく。
  • c. 児頭の第1回旋を分娩第1期の始まりとする。
  • d. 矢状縫合は児頭の第3回旋で骨盤横径に一致する。
  • e. 分娩第3期は胎盤娩出後から始まる。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G052]←[国試_100]→[100G054

096G051」

  [★]

  • 初産婦の分娩経過で異常なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G050]←[国試_096]→[096G052

105D017」

  [★]

  • 周産期異常と発症時期の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D016]←[国試_105]→[105D018

080A049」

  [★]

  • (1) 頭位分娩第1期における上肢下垂
  • (2) 頭位分娩第1期における臍帯脱出
  • (3) 分娩第1期におけるvariable decelerationの頻発
  • (4) 分娩第2期におけるearly decelerationの出現
  • (5) 骨盤位分娩第2期における胎便の排泄
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

105B012」

  [★]

  • 破水について正しいのはどれか。
  • a 児頭娩出後に起こる。
  • b 内のpHが低下する。
  • c 微弱陣痛の原因になる。
  • d 感染のリスクが増大する。
  • e 前期破水分娩第1期に起こる。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B011]←[国試_105]→[105B013

フリードマン曲線」

  [★]

Friedman curve
Friedman曲線、子宮頸管開大曲線 cervical dilatation curve
分娩


定義

  • 分娩開始からの時間を横軸、子宮の開大度を縦軸にプロットした曲線
  • 分娩経過が順調であればS字型となる。

分類

  • 分娩第1期
  • 潜伏期
  • 活動期
  • 加速期
  • 急峻期
  • 減速期

参考

  • 1. 写真
[display]http://www.glowm.com/resources/glowm/graphics/figures/v2/0680/002f.gif



児頭の固定」

  [★]

児頭児頭嵌入
  • 妊娠末期になり、分娩が近づくと、前駆陣痛が起こる。前駆陣痛、産徴がみられ、児頭の下降がおこり児頭が骨盤入口部に固定されるようになる。(G10M.198,202) ← 分娩第1期前に起こる
  • 児頭が骨盤腔内に侵入し、その最大周囲径が骨盤入口を通過した状態。
  • 児頭先進部がstation±0の位置を示す。


分娩」

  [★]

delivery, labor
異常分娩


分娩の前兆

  • 胎児下降 →  児頭が骨盤腔内に下降 →
  • 子宮底:前傾、子宮の高さの低下
  • 胎動減少:児頭の骨盤入口部固定
  • 頻尿:胎児による膀胱圧迫
  • 下腹部緊満感
  • 前駆陣痛
  • 子宮頸管の熟化
  • 恥骨の痛み:児頭による圧迫
  • 産徴:卵膜が子宮壁から剥がれて出血し、子宮頚管粘液とともに排出される


臨床関連





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡