分化誘導療法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性前骨髄球性白血病と分子標的治療 (特集 身近になる血液疾患の治療--専門医から実地医家へ)
  • 品川 克至
  • 日本医師会雑誌 140(7), 1443-1447, 2011-10
  • NAID 40019013043
  • グリオーマ幹細胞とTGFβ阻害薬剤の開発 (特集 がん幹細胞と支持細胞を標的とする薬剤の開発)
  • 生島 弘彬,宮園 浩平
  • 最新医学 66(3), 455-460, 2011-03
  • NAID 40018747663

関連リンク

このように、未分化のまま増殖を続けるがん細胞の分化・成熟を促す治療法を分化誘導療法といい、抗がん剤に比べて副作用が非常に少ないのが特徴です。 また、急性前骨髄球性白血病に限らず、がん細胞というものは基本的に未分化 ...
分化誘導療法(分化標的治療) 細胞死 分化誘導物質 (分化標的治療薬) 無限に増殖 がん細胞 不老不死 がん細胞は若くて、年をとらない:不老不死 成熟 アポトーシス 細胞死

関連画像

 アポトーシス―癌分化誘導療法 カルニチン=分化誘導療法図 2 atra による 分化 誘導 療法  カルニチン=分化誘導療法 線維芽細胞の分化誘導モデル カルニチン=分化誘導療法


★リンクテーブル★
国試過去問105A053」「101A032
リンク元オールトランスレチノイン酸
関連記事誘導」「分化」「」「療法

105A053」

  [★]

  • 38歳の男性。1か月前からの腹部膨満感と全身倦怠感とを主訴に来院した。 3年前に慢性骨髄性白血病と診断され通院治療を受けていた。しばしば治療を中断し、前回の受診は半年前である。半年で体重が5kg減少した。身長168cm、体重53kg。体温36.8℃。眼瞼結膜に貧血を認める。腹部は軽度膨隆し、右肋骨弓下に肝を6cm、左肋骨弓下に脾を10cm触知する。血液所見:赤血球280万、Hb8.2g/dl、 Ht 30%、白血球98,000(桿状核好中球5%、分業核好中球25%、好塩基球4%、好酸球1%、単球3%、リンパ球18%、芽球44%)、血小板11万。骨髄に芽球を45%認める。末梢血塗沫May-Giemsa染色標本(別冊No.20)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。 2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A052]←[国試_105]→[105A054

101A032」

  [★]

  • 38歳の男性。6か月前から徐々に進行する動悸と息切れとを主訴に来院した。体格栄養中等度。脈拍88/分、整。血圧128/76mmHg。四肢に数個の紫斑を認める。頸部リンパ節は触知しない。眼瞼結膜は貧血様であるが、眼球結膜に黄染はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 血液所見:赤血球198万、Hb6.8g/dl、Ht22%、白血球2,300、血小板4.5万。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、AST45IU/l、ALT30IU/l、LDH770IU/l(基準176~353)。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • この病態について誤っているのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A031]←[国試_101]→[101A033

オールトランスレチノイン酸」

  [★]

all-trans-retinoic acidATRA, all-trans retinoic acid
全トランス型レチノイン酸
トレチノイン tretinoinレチノイン酸トランスレチノイン酸all-transレチノイン酸
分化誘導療法
[show details]



誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


分化」

  [★]

differentiationspecializationdifferentiatedifferentiative
区別、特殊化特定化専門化特殊分化分化組織鑑別分化性



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡