出血性潰瘍

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃全摘を施行した部分内臓逆位を伴う胃癌の1例
  • 27-P4PM-055 NSAIDs投与に起因する出血性潰瘍の発症患者についての調査(有害事象・副作用1,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)

関連リンク

出血性潰瘍に対する緊急内視鏡による止血術 胃潰瘍や十二指腸潰瘍では合併症として出血を伴うことがあります。潰瘍の所の血管が破れるのが原因ですが、出血量が多量になると生命に危険が生じます。この場合、昔は緊急手術が ...
【潰瘍の合併症】 出血(出血性胃潰瘍) 胃壁の障害部位に血管があると破綻し(これを露出血管といいます)、出血を起こします(図7、8)。露出血管に対しては止血処置が必要であり、現在では内視鏡的止血術が行われて います ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事潰瘍」「出血性」「出血

潰瘍」

  [★]

ulcer
ulcus
びらん
  • 粘膜の損傷が粘膜筋板に達し、その筋層を貫通した場合。



出血性」

  [★]

hemorrhagichaemorrhagichemophilichaemophilic
易出血性血友病


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡