凝固壊死

出典: meddic

coagulation necrosis
壊死
  • 細胞の形態が残ったまま壊死にいたる。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 グリソン鞘に沿った腫瘍部分と凝固壊死を伴った腫瘍部分を認めた肝悪性リンパ腫の1例 (特集 消化器最新情報2011)
  • 金澤 秀次,松木 充,稲田 悠紀 [他]
  • 臨床放射線 56(2), 240-246, 2011-02
  • NAID 40018714211
  • 肝硬変合併巨大肝細胞癌における開腹下マイクロ波凝固壊死療法の工夫
  • 松井 康輔,海堀 昌樹,石崎 守彦,權 雅憲
  • Journal of Microwave Surgery 29(0), 127-131, 2011
  • In patients with huge hepatocellular carcinoma (HCC), hepatic resection may be regarded as the only reasonable therapeutic option and expected their long-term prognosis. However, these patients often …
  • NAID 130001157674
  • 超音波ドプラ法にて末梢肝動脈血流の灌流低下が観察され, 急激な転帰を辿った急性骨髄性白血病に伴う急性肝不全の1例
  • 杤尾 人司,今井 幸弘,木本 直哉,杉之下 与志樹,和田 将弥,岡田 明彦,高橋 隆幸,猪熊 哲朗
  • 肝臓 51(11), 628-636, 2010-11-25
  • … 常を認めなかった.しかし,第4病日より門脈血流の明瞭な高速化と共に肝動脈の末梢血管抵抗の高値化が確認され,その後,さらにその程度は著明となった.第3病日に実施した肝生検では肝実質の広範な凝固壊死と共に門脈域への白血病細胞の浸潤が認められた.門脈域内の門脈内腔は保たれていたが,動脈は狭窄,ないし閉塞していた.本例においては,末梢肝動脈血流の灌流低下が,極めて急激に発症した急性肝 …
  • NAID 10027661506

関連リンク

世界大百科事典 第2版 凝固壊死の用語解説 - 細胞壊死のメカニズムには不明の点が多いが,膜系のATPの喪失,カルシウムイオンの細胞内流入が密に関係している。壊死に陥った細胞ではタンパク質凝固がはじまり,硬化し,細胞核が崩壊 ...
凝固壊死 coagulative necrosis † 壊死組織が凝固して硬くなったもの。肉眼的には,灰白色~黄白色,蒼白で光沢がなく不透明で,ざらざらした感じを呈する。壊死に陥った初期には,少し体積が増加し,膨張(膨隆)するが,次第に体積は減少し,陥 ...
凝固壊死 : 蛋白が構造を失いもろく固まる。一般的な壊死 融解壊死 : 変性・凝固すべき蛋白の量の少ない場合に起こり、液化壊死とも言う 膿瘍、脳軟化症、膵壊死(出血性壊死) 乾酪壊死 : 結核の際に見られる壊死 アポトーシス 萎縮 ...

関連画像

 凝固壊死療法が第一選択古い用語で凝固壊死 coagulation HE 染色(凝固壊死巣) の凝固壊死が起きる。 Slide7マイクロ波凝固壊死療法(国立 マイクロ波凝固壊死療法の治療


★リンクテーブル★
関連記事壊死」「」「凝固

壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



死」

  [★]

death
死亡脳死心臓死


凝固」

  [★]

clotting, coagulation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡