凝固因子活性検査第VII因子

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

検体量 血漿 0.3mL 採取容器 C 保存条件 必凍 所要日数 4~7 検査方法 凝固時間法 基準値 75~140 % 実施料 233点 判断料 血液学的検査(125点) 保険収載名 凝固因子(第Ⅱ因子,第Ⅴ因子,第Ⅶ因子,第Ⅷ因子,第Ⅸ因子,第Ⅹ ...
第Ⅶ因子は分子量約50000の1本鎖糖蛋白で,カルシウムイオンとの結合性を有するビタミンK依存性凝固因子の一つである。また,外因系血液凝固反応における重要な凝固因子であり,セリンプロテアーゼである活性型第Ⅶ因子の前駆体として ...

関連画像

 :血液凝固検査入門(18Warfarin Controlの指標 TTとPT-INR凝固因子活性第XI因子活性労災病院中央検査部 血液検査


★リンクテーブル★
関連記事V」「検査」「VI」「活性」「

V」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 22nd letter of the Roman alphabet」
v

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「vanadium の化学記号」


検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


VI」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Virgin Islands」


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡