冷却鎮痛法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

外用すると水分が蒸発して冷却、収斂作用、保護作用を示すとともに、皮表 に残る薬剤の薬理作用が期待される。 基剤となる液体としては、水のほかにアルコール、プロピレングリコール、グリセリン、チンク油(酸化亜鉛 50 ...
生理的局所冷却療法の効果と方法 生理的局所冷却療法の効果 熱によるタンパク質の破壊を食い止める 鎮痛効果 冷やし始めの3~5分は神経が高感度になるために痛むような感じがすることもありますが、20~40分ほど冷やして炎症熱が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「鎮痛法」「冷却」「鎮痛

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


鎮痛法」

  [★]

pain relief
鎮痛除痛疼痛緩和疼痛緩和法疼痛軽減疼痛治療


冷却」

  [★]

coolingcoolchill
悪寒冷たい冷やす冷える
ice


鎮痛」

  [★]

analgesia
疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡