冠状動脈リモデリング

出典: meddic

coronary remodeling


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

プラーク生成・進展に伴い血管径の拡大することをポジティブ・リモデリング(Glagov現象 )といわれており、冠動脈内腔の狭窄(ネガティブ・リモデリング)の方が少ないと言われて いる。プラークが大きくなるにもかかわらず血管内腔径が減少しないのは,血管壁の外 ...
なぜ狭窄度の少ない冠動脈にそんな危険な粥腫があるのか? 破裂するくらいの大きさ なら当然冠動脈内腔は狭くなるのではないか、普通はそう考えますよね。でもそうでは ないのです。理由は血管のリモデリングという変幻自在な形状変化にあったのです。

関連画像

カテーテル(挿入部位)組織リモデリングにおける 図2.2.プラークによる内腔狭窄は イメージ 1リモデリングした血管


★リンクテーブル★
リンク元coronary remodeling
関連記事冠状動脈」「リン」「リモデリング」「モデリング」「動脈

coronary remodeling」

  [★] 冠状動脈リモデリング

冠状動脈」

  [★]

coronary artery (M)
arteria coronaria
冠動脈
心臓


  • 図:N.212
枝の命名法:http://www.m-junkanki.com/case_study/lecture7/CAGnameRCA.html。http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf
  • 右冠状動脈
  • 1 proximal
  • 2 middle
  • 3 distal
  • 4
  • 左冠状動脈
  • 5 left main trunk LMT 左主幹部
  • 6 proximal 前下行枝の第一中隔枝(first major septal branch)まで
  • 7 middle septal branch
  • 8 dista
  • 9 first diagonal branch D1 第1対角枝
  • 10 second diagonal branch D2 第2対角枝
  • 11 proximal 回旋枝から鈍縁枝まで
  • 12 obtuse maginal branch OM 鈍縁枝
  • 13 distal 鈍縁枝以遠で後房室間溝を走行するもの
  • 14 posterolateral PL 側壁枝
  • 15 posterior descending artery PD


  • 洞房結節枝
  • 右縁枝
  • 後下行枝 = 後室間枝
  • 房室結節枝
  • 左前下行枝
  • 対角枝
  • 回旋枝
  • 左縁枝

冠動脈の血流 (SPC.227)

  • 冠動脈血からの酸素除去能は高い→酸素需要を上げるためには冠動脈血流量を増やすことによって達成可能
  • 冠動脈血流量∝拡張期大動脈圧&拡張期の時間
  • 冠動脈血流量∝(冠血管抵抗)-1


PHD.102

Localization of Myocardial Infarction
Anatomic Site Lead with Abnormal ECG Complexes Coronary Artery Most Often Responsible
inferior II, III, aVF RCA
anteroseptal V1-V2 LAD
anteroapical V3-V4 LAD(distal)
anterolateral V5-V6, I, aVL CFX
posterior V1-V2(tall R wave, not Q wave) RCA

PHD.191

Blood Supply of the Conduction System
Conduction Pathway Primary Arterial Supply
SA node RCA (70%)
AV node RCA (85%)
Bundle of His LAD
RBB Proximal portion LAD
Distal portion RCA
LBB Left anterior fascicle LAD
Left posterior fascicle LAD
PDA


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リモデリング」

  [★]

remodelingremodelling
再構築再造形組織修復
bone remodeling




モデリング」

  [★]

modelingmodelling
モデル化



動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡