冠攣縮

出典: meddic

coronary vasospasmcoronary spasm
冠スパスム冠れん縮冠動脈攣縮冠血管攣縮冠血管れん縮
冠攣縮性狭心症 CSA



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 カルシウム拮抗薬と硝酸剤投与中に冠攣縮発作から心肺停止に至ったが救命しえた1例
  • ここで押さえるキーワード 冠動脈の解剖、アプローチ動脈、心カテの適応疾患、急性心筋梗塞・不安定狭心症・冠攣縮性狭心症 (実践に生かせる特集 誌上カテ室留学! 心カテナースのためのPCI基礎これだけセミナー) -- (PCI基礎セミナーへようこそ!)
  • 症例 心室細動を頻回に認めた17歳女性の冠攣縮性狭心症の1例
  • ICUとCCU = Japanese journal of intensive care medicine : 集中治療医学 40(2), 133-137, 2016-02
  • NAID 40020788608

関連リンク

関連画像

:一過性の可逆性心筋虚血 冠攣縮性狭心症冠攣縮性狭心症(異型狭心症 冠攣縮性狭心症冠攣縮性狭心症冠攣縮性狭心症


★リンクテーブル★
先読みCSA
国試過去問106A037
リンク元冠動脈攣縮」「coronary vasospasm」「血管痙攣」「冠血管攣縮」「冠血管れん縮
拡張検索冠攣縮性狭心症」「多枝冠攣縮
関連記事攣縮

CSA」

  [★]


106A037」

  [★]

  • 75歳の女性。階段を昇ったときに自覚する前胸部の違和感を主訴に来院した。症状は約1年前からあり、頻度や強さに変化はないという。身体診察所見に異常を認めない。胸部エックス線写真と安静時の12誘導心電図とに異常を認めない。アデノシン負荷201Tl心筋血流SPECTの左室短軸像(別冊No. 14A、 B)を別に示す。
  • 原因として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A036]←[国試_106]→[106A038

冠動脈攣縮」

  [★]

coronary vasospasm, coronary artery spasm, coronary artery vasospasm, coronary spasm
冠攣縮冠血管攣縮冠血管れん縮
虚血性心疾患


coronary vasospasm」

  [★]

coronary artery spasmcoronary artery vasospasmcoronary spasm


血管痙攣」

  [★]

vasospasm, angiospasm, vascular spasm
血管けいれん
冠攣縮血管攣縮血管れん縮


冠血管攣縮」

  [★]

coronary vasospasmcoronary spasm
冠攣縮冠れん縮冠動脈攣縮冠血管れん縮

冠血管れん縮」

  [★]

coronary vasospasmcoronary spasm
冠攣縮冠れん縮冠動脈攣縮冠血管攣縮


冠攣縮性狭心症」

  [★]

coronary spastic angina, CSA
冠れん縮性狭心症
狭心症

概念

  • 狭心症の発生機序による分類であって、冠攣縮に基づく心筋虚血による狭心症。下位疾患概念として異型狭心症がある(ST elevationがatypical)。
  • 冠攣縮に基づく心筋虚血による狭心症であって、心電図変化は問わない(でよろしい? ∵異型狭心症「冠攣縮性狭心症であって、安静時の狭心発作に可逆性一過性のST上昇を伴う狭心症(YN.C-68)」)
  • 明け方に起こることが多い。

病因

  • あまりよく分かっていない。
  • 夜間から早朝にかけての副交感神経亢進時、つまり交感神経と副交感神経の活動が激しく入れ替わるときに多い。(ECGP.175)
  • 血管内皮機能の異常(Achにより正常であれば血管が弛緩するところであるが、血管内皮に異常がある場合血管が収縮する) + 種々の程度の冠動脈硬化 → 冠攣縮による冠血流の低下

誘因

  • 喫煙、精神的ストレス、飲酒(醒めかけ)、運動(早朝から午前に多い。運動誘発性。運動開始時に起こり、運動を続けると消失)
  • 喫煙により体内に生じた活性酸素が内皮障害を引き起こしNOの産生障害をきたす。
  • 運動誘発性の場合、多枝攣縮が多く、致死性不整脈を生じやすく、突然死の危険が高い。(ECGP.175)

診断

  • 心電図:ST上昇????? YNの定義に基づけば間違っている

治療

  • 発作時:ニトログリセリン舌下錠
  • 予防 :長時間作用型の硝酸薬、カルシウム拮抗薬

参考

  • 1. 冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン2008
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_ogawah_h.pdf

国試

多枝冠攣縮」

  [★]

多枝冠状動脈攣縮


攣縮」

  [★]

れんしゅく
spasm
れん縮スパスム スパズム
単収縮





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡