再建外科

出典: meddic

reconstructive surgery
reconstructiva chirurgia
修復外科 reparative surgery
形成外科


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 当科における基底細胞癌の臨床的検討
  • 奥村 慶之,井上 真一,池田 浩子,冨田 浩一,小野 一雄
  • Skin Cancer 29(2), 158-164, 2015
  • 基底細胞癌(Basal cell carcinoma:以下BCC)は,我が国の全皮膚悪性腫瘍の半数近くを占め,高齢者の露出部に多い疾患である。我々は当科における過去8年6ヵ月間にBCCと診断を受けた115例118病変についてまとめた。年平均症例数は13.5例,男女比は1:1.02,初診時の平均年齢は71.9歳であった。発生部位は頭頸部,体幹,上肢,下肢の順に多かった。初診時の腫瘍の長径は平均13. …
  • NAID 130004836583
  • 移植と最先端医療 移植(8)形成外科における移植と最新医療
  • 櫻井 裕之
  • 東京女子医科大学雑誌 84(6), 157-165, 2014-12-25
  • … 形成外科医は、様々な組織欠損を伴う障害や変形に対して、組織移植を行うことで機能や形態を回復させる再建外科を担っている。 … 1970年代に開発された微小血管吻合技術の導入は、再建外科領域において画期的な進歩をもたらした。 …
  • NAID 110009871951
  • 大腿骨外弯変形を有する変形性膝関節症に対する大腿骨2面骨切り術併用TKAの経験
  • 五嶋 謙一,澤口 毅,坂越 大悟,重本 顕史
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 57(6), 1271-1272, 2014
  • NAID 130004909215

関連リンク

再建外科とは 再建外科とは、おもに体の表面の機能を本来の正常な状態に回復させることを目的とした分野です。 本来なかった傷(外傷)を直したり(先天異常も含まれます) 顔面神経麻痺、顔のあざ ...
当科の診療について 形成外科は主として、体表面とそれに近い組織、器官の先天異常、外傷、腫瘍などによる障害に対し、これを形態的のみならず、機能的にも可及的正常に再建す ることを目的としています。すなわち、外見、容貌を改善 ...

関連画像

腫瘍・再建外科口腔再建外科 | 新潟大学医歯学 MSFの形成再建外科プログラムで  外科 179 男性 外科 専門医 乳腺 再建 する 外科 を 再建 外科 と山口 正秀さんってどんな先生


★リンクテーブル★
関連記事再建」「」「外科

再建」

  [★]

reconstructionrestorationreestablishmentreconstructrestorereestablish
回復再建術再構築修復復元復旧再確認復活


科」

  [★]

family
家族系統群ファミリファミリー



外科」

  [★]

surgerysurgical
外科学外科的手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡