円環思考

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

人間は、『原因と結果』という二項対立的で直線的に考えがちである。 ある人物が自宅を出て、最寄駅に歩いて向かっていた。 1キロメートル程度歩いたところで、心配事が頭をよぎり、そして立ち止まった。 自宅を出る際に ...
大転換期の予感と事実の追求 実現論の形成過程 1.これから生き残る企業に求められる能力は? 2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた 3.市場の縮小と根源回帰の大潮流 4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流

関連画像

図5:文を考える手始めとして タイムトラベルが可能な時間と ロゴス」と「レンマ」-風土 主人公仁のグダグダした思考


★リンクテーブル★
関連記事円環」「思考

円環」

  [★]

torustoric
円環状円環体


思考」

  [★]

thinking
思考障害





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡