内転筋腱裂孔

出典: meddic

adductor hiatus (M)
腱裂孔
  • 大腿の前区画から膝窩につながる

!!!通過する構造物

  • 「内転筋管」を参照

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

坐骨、坐骨結節の下面(一覧表13番) 停止:・大腿骨、粗線の内側唇、小転子から内側 上顆まで。(大内転筋は2つの筋腹によって構成されるが、その間には大腿静脈と大腿 動脈が通る内転筋腱裂孔があり、大内転筋の停止腱は存在しない。)⇒ イラスト解説 ...
膝窩静脈から続く静脈で、(内転筋)腱裂孔からほぼ垂直に上行して鼡径靭帯に至る までを言う。その続きは外腸骨静脈となる。 ・下部では大腿動脈の後方に位置するが、 上部ではその内側に位置している。鼡径靭帯の直下では大腿動脈および静脈は一枚の ...

関連画像

内 転 筋 腱 裂 孔 を 通って この 回答 へ の お礼 詳しく 体に関して-筋肉膝 窩 で 前 脛骨 静脈 と 後 内転筋)腱裂孔よりも上方 内転筋)腱裂孔よりも上方


★リンクテーブル★
リンク元膝窩動脈」「内転筋管
関連記事内転」「裂孔」「内転筋

膝窩動脈」

  [★]

popliteal artery (M,Z)
arteria poplitea
  • 図:M.341 N.500

起始

走行

分布

  • 枝がの外側面と内側面に分布する (M.331)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


内転筋管」

  [★]

adductor canal
canalis adductorius
ハンター管 Hunter canal Hunter's canal canalis adductorius Hunter縫工筋下管 subsartorial canal


ここを通るもの (M.320)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


内転」

  [★]

adduction
外転
  • 正中矢状面に近づく運動

手指の内転

N. 155
  • (第1,2,4,5指)中指に近づく運動
  • (第3指)橈側か尺側に外転した状態から元に戻る運動が内転


裂孔」

  [★]

hiatusesophageal hiatushiatal
食道裂孔


内転筋」

  [★]

adductor (K)
外転筋





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡