内肛門括約筋

出典: meddic

internal anal sphincter (M,K), internal sphincter muscle of anus
musculus sphincter ani internus
肛門括約筋肛門


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 同時性横行結腸・下部直腸癌に対して化学放射線療法を併用し計画的分割手術にて肛門温存術を施行した1例
  • 別府 直仁,吉江 秀範,相原 司,柳 秀憲
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 64(1), 41-46, 2011
  • … 治手術,および下部直腸癌治療に対するfecal diversion stomaを造設した.引き続き下部直腸癌に対し化学放射線療法(chemoradiation therapy:以下CRT)を施行.第2期手術として残存結腸亜全摘,超低位前方切除,内肛門括約筋切除(intrasphincteric resection:以下ISR),盲腸肛門吻合,回腸人工肛門造設術を施行した.自験例では計画的二期分割切除に術前CRTを組み合わせることで根治性および術後機能の向上が得られると考えられ …
  • NAID 130000428441
  • 慢性甲状腺機能低下症を合併した成人型 Hirschsprung 病の1例
  • 中島 紳太郎,諏訪 勝仁,宇野 能子,北川 和男,藤田 明彦,山形 哲也,岡本 友好,柏木 秀幸,池上 雅博,矢永 勝彦
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 63(6), 373-378, 2010-06-01
  • … 症例は29歳,女性.幼少時よりの頑固な便秘があり,2009年1月精査加療目的で当科紹介となった.直腸感覚および直腸肛門反射は喪失しており,排便時に内肛門括約筋の弛緩が確認できず,血液検査で甲状腺機能低下症を認めた.以上より慢性甲状腺機能低下症が合併した成人型Hirschsprung病を疑い,甲状腺ホルモンの補充と洗腸を開始した.同年8月,肛門括約筋全層生検術を実施し成人型Hirschsprung病と確定診断した. …
  • NAID 10026424724

関連リンク

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか ...
① 下行結腸やS状結腸が糞便によって伸展すると蠕動運動が誘発され、糞便やガスが直腸に移動する ② 直腸が糞便やガスで伸展すると反射的に内肛門括約筋が弛緩するが、ほぼ同時に外肛門括約筋が収縮するために便やガスの漏れ ...

関連画像

提供:マルホ株式会社名称付きのイラスト 内肛門括約筋切除術(ISR肛門括約筋です。内肛門括約筋 千葉市立海浜病院 みましょう 直腸 内 肛門括約筋


★リンクテーブル★
国試過去問107B034」「106E033」「105B020」「101B034
リンク元消化器系」「直腸肛門奇形」「肛門管
関連記事肛門」「括約筋」「肛門括約筋

107B034」

  [★]

  • 成人の解剖で正しいのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B033]←[国試_107]→[107B035

106E033」

  [★]

  • 排便時の生理で誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E032]←[国試_106]→[106E034

105B020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B019]←[国試_105]→[105B021

101B034」

  [★]

  • 随意筋はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B033]←[国試_101]→[101B035

消化器系」

  [★]

digestive system (Z), alimentary system
消化システム
消化管


筋層構造

  • 外側の層は縦筋層であり、内側の層は輪筋層である傾向にあるが、胃のみ内側の層が斜筋である。
器官
食道 輪筋層   縱筋層
噴門部 斜筋層 輪筋層 縱筋層
胃体部 斜筋層 輪筋層 縱筋層
幽門部 斜筋層 幽門括約筋 縱筋層(発育悪)
十二指腸 輪筋層   縱筋層
空腸 輪筋層   縱筋層
回腸 輪筋層   縱筋層
結腸 輪筋層   結腸ひも
直腸 輪筋層   縱筋層
肛門管 内肛門括約筋   線維弾性板
虫垂 輪筋層   縦筋層

組織

上皮の移行

層構造 1 2 3 4 5 6
器官 単層扁平上皮 単層立方上皮 単層円柱上皮 角化重層扁平上皮 非角化重層扁平上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織
(大抵、粗結合組織)
筋層 漿膜(結合組織+単層扁平上皮)
外膜(結合組織のみ)
食道           食道噴門腺
(咽頭付近と胃付近に局在)、粘液腺
粘液細胞
(スムーズに食べ物を流す)
縱層
(縦走筋のみ)
固有食道腺(粘液腺、管状胞状、ペプシノーゲン、リゾチーム) 内輪筋層
外縱筋層
(食道上1/3:骨格筋、食道中1/3:骨格筋、平滑筋、食道下1/3:平滑筋)
外膜(横隔膜まで)
漿膜
噴門部         胃表面上皮細胞(杯細胞なし) 噴門腺、浅い胃小窩 胃表面上皮細胞
頚粘液細胞
幹細胞
内分泌細胞
壁細胞
内輪層
外縱層
(最外輪層)
内斜筋層
中輪筋層
外縱筋層
漿膜
胃体部         胃表面上皮細胞(杯細胞なし) 固有胃腺
(管状腺)
胃表面上皮細胞
頚粘液細胞
壁細胞
幹細胞
主細胞
内分泌細胞
内輪層
外縱層
(最外輪層)
内斜筋層
中輪筋層
外縱筋層
漿膜
幽門部         胃表面上皮細胞(杯細胞なし) 幽門腺、深い胃小窩 胃表面上皮細胞
頚粘液細胞
壁細胞
幹細胞
内分泌細胞
内輪層
外縱層
(最外輪層)
内斜筋層
中輪筋層(幽門括約筋)
外縱筋層(発育悪)
漿膜
十二指腸     ○(杯細胞)     吸収上皮細胞
杯細胞(ムチンノーゲン分泌)
内分泌細胞
M細胞
腸腺 吸収上皮細胞
杯細胞
幹細胞
内分泌細胞
パネート細胞
内輪層
外縱層
ブルンネル腺
(分枝管状胞状腺、アルカリ性の粘液、ウロガストロン産生)
内輪筋層
外縱筋層
漿膜
外膜(下行部、水平部, see ムーアp143)
空腸     ○(杯細胞)     吸収上皮細胞
杯細胞(ムチンノーゲン分泌)
内分泌細胞
M細胞
腸腺 吸収上皮細胞
杯細胞
幹細胞
内分泌細胞
パネート細胞
内輪層
外縱層
内輪筋層
外縱筋層
漿膜
回腸     ○(杯細胞)     吸収上皮細胞
杯細胞(ムチンノーゲン分泌)
内分泌細胞
M細胞
腸腺、パイエル板 吸収上皮細胞
杯細胞
幹細胞
内分泌細胞
パネート細胞
内輪層
外縱層
内輪筋層
外縱筋層
漿膜
結腸     ○(杯細胞)     吸収上皮細胞
杯細胞(ムチンノーゲン分泌)
内分泌細胞
腸腺 吸収上皮細胞
杯細胞
幹細胞
内分泌細胞
内輪層
外縱層
内輪筋層
外縱筋層は結腸ひもを構成
漿膜と外膜
(上行、下行は後腹膜に密着。横行とS字は間膜?)
直腸     ○(杯細胞)     吸収上皮細胞
杯細胞(ムチンノーゲン分泌)
内分泌細胞
浅い腸腺 吸収上皮細胞
杯細胞
幹細胞
内分泌細胞
パネート細胞
内輪層
外縱層
内輪筋層
外縱筋層
外膜
肛門管       肛門柱、肛門周囲腺、肛門においては毛包と脂腺   内輪層
外縱層
内外痔静脈叢 内輪筋層(内肛門括約筋を形成)
外縱筋層
(線維弾性板に移行)
外膜
虫垂     ○(杯細胞)     吸収上皮細胞
杯細胞
内分泌細胞
浅い腸腺、リンパ小節 吸収上皮細胞
杯細胞
幹細胞
内分泌細胞
パネート細胞
内輪層
外縱層
リンパ小節、脂肪細胞 内輪筋層
外縱筋層
漿膜



直腸肛門奇形」

  [★]

anorectal malformation(SPE), anorectal anomaly
(国試)鎖肛 anal atresia imperforate anus肛門閉鎖 肛門閉鎖症 anal atresia
肛門形成術、小児科学。小児外科。VACTERL連合


概念

  • 直腸肛門の形成異常。

疫学

  • 5000人に1人

病型

  • 高位 :m-lineより上方で終わる    ;直腸盲端が恥骨直腸筋係蹄より高位にある(小児科学第2版 p.1027)
  • 中間位:m-lineとI-lineの中間で終わる;直腸盲端は恥骨直腸筋係蹄中にあるものの通過はしていない(小児科学第2版 p.1027)
  • 低位 :I-lineより下方で終わる    ;直腸盲端が完全に恥骨直腸筋係蹄を通過している(小児科学第2版 p.1027)
  • 特殊型:総排泄孔 croacal anomaly:女児のみの病型。正常肛門を認めず、外陰部に一つの孔、つまり、尿路の排泄口・消化管の排泄口・生殖器の開口部が共通の1孔しかない。

合併奇形

  • 泌尿器:
  • 泌尿器以外:
  • 先天性心奇形、先天性十二指腸閉鎖、ダウン症候群  ←  鎖肛による合併奇形の割合は50%と高い。
  • (合併奇形の一つとして)VACTERL連合

検査

  • P-C線M線I線を設定する。直腸盲端がP-C線とM線の間に間にあれば高位、M線とI線の間にあれば中位、I線より下にあれば低位
  • P-C線:恥骨陰影の中央点と仙尾関節を結ぶ線:肛門挙筋群の上端に相当
  • M線:P-C線とI線の中線:恥骨直腸筋の上縁に相当
  • I線:P-C線と平行で、坐骨陰影のコンマ状に突出した部位(I点)を通る直線:恥骨直腸筋の下縁に相当

単純X腺

  • 倒立胃X線撮影法
  • Wangensteen-Rice法
  • 生後12時間以上たってから倒立胃にして3-4分維持し側面より撮影する

尿道造影

  • 瘻孔を通じて直腸が造影されれば人工肛門の適応

治療

PED.1029 SSUR.687
  • 低位型:
  • 1. 新生児期に会陰式肛門形成術を施行
  • 2. 瘻孔をブジーなどで拡張し、生後6ヶ月前後に瘻孔を正常肛門位置に移動させる
  • 中位型、高位型
  • 新生児期に人工肛門造設、生後6-12ヶ月後に直頂盲端が恥骨直腸筋、深部及び表在括約筋の中央を通るように手術を施行し、人工肛門を閉鎖する。
  • 仙骨会陰法:中位型
  • 腹仙骨会陰型:高位型
  • 後方矢状切開術:中位型、高位型

予後

  • 高位ほど排便機能の手術的予後は不良

予防

参考

  • 1. Wangensteen-Rice法の一例
[display]http://www.szote.u-szeged.hu/radio/gyerek/agyer10c.htm
  • 2. Wangensteen-Rice法の一例
[display]http://www.futureme.jp/HPF/case/2/1/01011.html



肛門管」

  [★]

anal canal (M)
canalis analis
proctos? (SSUR)
肛門


分類



肛門」

  [★]

anus (Z)

臨床関連

  • 直腸及び肛門部の炎症及び類似疾患
  • クローン病、潰瘍性大腸炎、放射線照射性直腸炎、薬剤性大腸炎、アメーバ赤痢、直腸粘膜脱症候群、急性出血性直腸潰瘍
  • 良性腫瘍
  • 悪性腫瘍
  • 直腸癌
  • 肛門癌
  • 組織型別(悪性黒色腫、カルチノイド、基底細胞癌、類基底細胞癌、Paget病、Bowen病)

肛門疾患の好発部位

  • 内痔核:3時、7時、11時
  • 痔瘻:6時 肛門中心線より後方に外瘻孔のある場合、6時の位置の肛門陰窩が原発口となる


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




括約筋」

  [★]

sphincter muscle, sphincter
musculus sphincter



肛門括約筋」

  [★]

anal sphincter
sphincter ani
肛門





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡