内耳性難聴

出典: meddic

inner ear deafness, inner ear hearing loss
蝸牛性難聴 cochlear deafness迷路性難聴 labyrinthine deafness
感音性難聴、後迷路難聴、伝音性難聴


特徴

感音性

原因


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 歪成分耳音響放射(Distortion Product Otoacoustic Emission)の周波数特異性--純音聴力検査の聴力型との比較
  • 安田 真美子,枝松 秀雄
  • 東邦医学会雑誌 58(4), 268-276, 2011-07
  • NAID 40018920123
  • 聴力低下,難聴 (初診外来における初期診療)
  • 福田 智美,高橋 晴雄
  • 診断と治療 98(-) (1155), 127-131, 2010-03
  • NAID 40017048502
  • 内耳性難聴の治療に向けて : 病態モデルを用いたアプローチ
  • 原 晃
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 112(4), 203-206, 2009-04-20
  • NAID 10024836219

関連リンク

突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患である。 発症は突然であり、 患者は難聴になった瞬間 ... したがって単一の疾患とは限らず、突発性・原因不明を 条件とした感音性難聴を一括した疾患群である。 原因がわかるものは突発的な難聴で あって ...
感音性難聴 では、外耳や頭蓋骨から入力された音のエネルギーは内耳リンパ液の振動 に変換されてはいるが、内耳又は内耳 ... sensorineural hearingloss は内耳性難聴の 意味で使用されることがあるので注意する必要がある。

関連画像

補聴器や人工内耳などの手段を 家庭の医学より後迷路性難聴(こうめいろせい 老人性難聴と補聴器 性難聴」には効果が絶大ですが


★リンクテーブル★
リンク元感音性難聴」「両耳音の大きさバランス検査」「伝音性難聴
拡張検索進行性内耳性難聴
関連記事難聴」「内耳」「内耳性

感音性難聴」

  [★]

sensorineural hearing loss (SOTO), SNHL, sensori-neural hearing loss
感音難聴
難聴
[show details]

分類

内耳性難聴と後迷路性障害の鑑別

  • 閾値上聴力検査 → recruitment現象陽性の時は有毛細胞の病変を推定。

原因

一側性 両側性
メニエール病
突発性難聴
流行性耳下腺炎
ラムゼイ・ハント症候群
聴神経腫瘍
外リンパ瘻
内耳梅毒
風疹
騒音性難聴
耳毒性薬物
加齢性難聴
サイトメガロウイルス感染症


両耳音の大きさバランス検査」

  [★]

alternate binaural loudness balance test, ABLB test
ファウラー検査 Fowler test
内耳性難聴補充現象、純音聴力検査


伝音性難聴」

  [★]

conductive hearing loss, CHL, conduction deafness
伝音難聴
内耳性難聴難聴



進行性内耳性難聴」

  [★]

progressive cochlear hearing loss


難聴」

  [★]

hearing loss
聴覚


分類

鑑別疾患

ISBN 978-4931400559 p.184より引用
  • 伝音性難聴
  • 急性:悪性外耳道炎、中耳炎
  • 慢性:上咽頭腫瘍
  • 感音性難聴



内耳」

  [★]

inner ear
auris interna
迷路 labyrinth



内耳性」

  [★]

labyrinthine
迷路性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡