内包・視床症候群

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

2004年9月23日 ... 図5下には内包後脚部位での障害様式を図示している。視床出血では、血腫が外側へ 進展すると、内包後脚障害により、片麻痺が出現する。同様に被殻出血では内側への 進展により、脳梗塞では、内包後脚自体に虚血巣が出現すること ...
ラクナ症候群, 症候, 責任病巣. Pure motor hemiparesis, 片麻痺、感覚障害なし, 対側 の放線冠、内包後脚、橋底部. Pure sensory stroke, 半側の異常感覚や感覚障害, 対 側の視床(後腹側核). Ataxic hemiparesis, 一側下肢に強い不全片麻痺と小脳失調 ...

関連画像

イメージ 2care_matsuちなみに血管支配は 後大脳 care_matsu


★リンクテーブル★
関連記事視床」「症候群」「内包」「視床症候群」「

視床」

  [★]

thalamus
  • 図:N.105 B.41 KL.719

機能 (KL.719-722)

  視床核 入力 出力 関連している機能
1 視床前核 AP 乳頭体 帯状回 大脳辺縁系の一部
  前背側核 A      
  前腹側核 AV      
  前内側核 AM      
2 視床内側核 M 視床核 視床下部前頭葉 情動の体験・情動の具現
3 視床外側核 LT      
  背側外側核 LD 帯状回帯状回情動の発現
  後外側核 LP 頭頂葉連合野頭頂葉連合野高等な精神作用と関連
  前腹側核 VA 淡蒼球 前頭葉運動前野 運動系と関連
  外側腹側核 VL 小脳歯状核 前頭葉運動野運動前野 運動系と関連
  後外側腹側核 VPL 体性感覚(下肢~上肢) 頭頂葉の感覚野  
  後内側腹側核 VPM 体性感覚(頭部) 頭頂葉の感覚野  
4 視床後核   上丘側頭葉頭頂葉後頭葉 側頭葉頭頂葉後頭葉 視覚、聴覚、体性感覚

解剖 (KL.719-722)

7.中心正中核 8.視床網様核




症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



内包」

  [★]

internal capsule (KH)
capsula interna
内嚢


  • 図:KL.751(体部位局在)

内包

  • 尾状核と被殻+淡蒼球の間を、白質からなる包みである内包が隔てている (PT.112)
  • 内包は外側のレンズ核と内側の尾状核および視床との間にある、大きい線維束の集団で、その大部分は下方に集まって大脳脚に移行する。内包は大脳半球の水平断は広く開いたV字形を呈し、その尖端が内側方に向かう。これに前脚、膝および後脚の3部が区別される。内包では種々の長い上行性ならびに下行性の投射路が密集して通過し、しかもここはしばしば出血を起こしやすい所である(脳出血) (http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~funatoka/cerebrum/cerebrum8c.html)

体性局在

  • 内包には体性局在があり、内包膝から内包後脚に向かって、頭、上肢、下肢の順に皮質延髄・脊髄路が配列している。(B L-18 CNUR.296)

血管



視床症候群」

  [★]

thalamic syndrome
デジェリン・ルシー症候群 デジュリーヌ-ルシー症候群 Dejerine-Roussy syndrome
視床、手口感覚症候群
  • 視床外側核、特に後外側腹側核(VP核)の障害で生じる。

症候

BET.350
  • 病側の対側に見られる
  • 表面感覚鈍麻、深部感覚の消失
  • 軽度の運動失調、立体覚消失
  • 激しい自発痛(視床痛)
  • 軽度、一過性の不全片麻痺
  • 舞踏様運動、アテトーゼ様運動(視床手)




群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡