内分泌調節

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Bone Morphogenetic Proteinの多機能性と内分泌調節
  • 新生児内分泌調節と動脈管
  • 豊島 勝昭,門間 和夫,中西 敏雄
  • 日本周産期・新生児医学会雑誌 = Journal of Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine 49(1), 168-171, 2013-05-20
  • NAID 10031176876

関連リンク

骨の生理学インデックスへ ホルモンと成長因子 多細胞生物は、体を構成するすべての細胞が協調的に働かなくてはなりません。そのためには、体全体や一部の細胞に命令を下す必要があります。全身をかけめぐる情報ネットワークは ...
内分泌腺の主な機能は、血液中に直接、ホルモンを分泌することです。ホルモンとは、体の他の部分(標的部位)の働きに影響を与える化学物質のことです。ホルモンはメッセンジャーとして働き、体のそれぞれの部位の活動を制御し ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事内分泌」「」「調節」「分泌

内分泌」

  [★]

endocrine, internal secretion


  • その他



節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


調節」

  [★]

regulation, (眼科)accommodation(水晶体による)
調和等能系



分泌」

  [★]

secretion







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡