内リンパ嚢

出典: meddic

endolymphatic sac
saccus endolymphaticus



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 合併経錐体到達法の適応と手術の実際について(<特集>手術アプローチの選択とピットフォールII-第24回微小脳神経外科解剖セミナーより-)
  • 後藤 剛夫,大畑 建治
  • 脳神経外科ジャーナル 19(11), 802-809, 2010-11-20
  • … を予防できた.S状静脈洞は,横静脈洞との移行部から頚静脈孔側へと順行性に静脈壁を骨から剥離することで静脈壁を損傷することなく安全にかつ迅速に剥離が可能であった.半規管同定には,乳突洞の開放と内リンパ嚢の同定が有用であった.腫瘍切除時にテント切開に続いてメッケル腔を開放すると三叉神経の可動性が増し,腫瘍露出範囲が拡大された.一つ一つの小さな手技的改良の蓄積によって合併経錐体到達法の治療 …
  • NAID 110007817708
  • 内リンパ嚢の手術
  • 隈上 秀高
  • 耳鼻咽喉科臨床 103(9), 804-805, 2010-09-01
  • NAID 10026583914

関連リンク

メニエール病の手術(内リンパ嚢開放術・前庭神経切除術) 重度のメニエール病では手術が適用される ストレスや睡眠不足、心身疲労を原因として発生した 内リンパ水腫。 この水腫がメニエール病の直接の原因となりますが、この ...
ひとくちメモ: 内リンパ 内耳は膜迷路の中にある内リンパ液とその外側を取り巻く外リンパ液で満たされており、内リンパ液の中には音の振動を知覚する蝸牛や平衡感覚を知覚する球形嚢と卵形嚢、三つの半規管などがあります。

関連画像

LEDを用いた新しいアレルギー性 内リンパ水腫が起きて圧が  内リンパ嚢で吸収されるとか1020外耳道耳鼻咽喉科へ戻る


★リンクテーブル★
リンク元saccus endolymphaticus
関連記事リン」「」「」「リンパ」「内リンパ

saccus endolymphaticus」

  [★]

内リンパ嚢

endolymphatic sac


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






嚢」

  [★]

滑液包ブルサポーチ


内」

  [★]

internal、(pref)endo、(pref)intra
エンド内部体内内的


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節


内リンパ」

  [★]

endolymph
外リンパ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡